カードローンで勤め先の記入を求められないケースはあるのか?

私は家の近所の食品加工会社でパートをしている37歳の主婦ですが、子供が友達と喧嘩をしてけがをさせてしまいその治療費やお見舞代などでまとまったお金がいるようになりました。

急なことなのでカードローンでお金を借りたいのですが、手続きの際勤め先の記入欄があると聞いており電話連絡などで会社にローンのことが知られないかと不安です。

カードローンで勤め先の記入を求められないケースはあるのでしょうか。

働いている方は勤務先の記入が必要であり正直に記入すべきです

カードローンの利用条件は安定した収入があることとなっており、結果的に有職者を前提にしています。

そのため申込者が申込手続を行う際には通常勤め先の記入が求められます。無職やアルバイトの方などが勤め先を記入できない、記入しにくい場合があり、その際に虚偽の申告をする人がいます。

しかし、ローン事業者は何らかの確認を行うので申請者の嘘はばれることになり、その結果審査に落ちることになります。

多くのカードローンは安定した継続性のある収入を得ている人を利用対象者としています。

そのため、利用者は原則として働いている人ということになるので申込みの際には勤め先名、その住所や電話番号などの記入が求められるのが一般的です。

さらに、審査においては電話によるその企業への在籍確認が行われるのが常識となっています。

貸し手であるローン側としては、返済の収入源となるその企業が実在するのか、そして、その企業に利用者が本当に在籍しているのか、を確認することは貸倒リスクを回避する上で必要な行為といえるでしょう。

そのため、勤め先などの記入欄があり、申込者は必ず記入してなくてはならないのです。

しかし、申込者の中には働いていない方もおり、その場合は当然記入できないでしょう。

最近では学生、専業主婦や年金受給者など無職か無職に近いような人までもローンの対象として含められることもあります。

彼らが無職である場合は当然勤め先がないわけですので、勤め先を記入することができません。

しかし、彼らの中には記入しないと審査で不利になると考え虚偽の企業名を記入される方もおられますが、ローン事業者では何らかの確認を行いますのでその嘘は直ぐに発覚し審査は不合格となります。

無職の方でもその状況により利用できるローンもあるので、虚偽の企業名を書く必要はなく正直に記入しないと逆に審査に落ちることもあるのです。

他の審査事項も同じですが、嘘はばれますのでどれに対しても正直に申告するほうが今後のローンの申し込みや利用の上で良い結果に繋がることもあるので、とくにかく嘘はダメです。

あなたはパートとして働いておられるので勤務先を記入する必要があります。

電話確認を心配されているなら電話確認のないローンもあるので検討してみてはいかがでしょうか。

また、ローンによっては相談すれば電話に代わる別の方法を検討してくれる事業者もいますので、検討しているローンがあればそこに電話で相談してみるのも良いでしょう。

【参考ページはこちら】
無職でも銀行カードローンを利用できる?

カードローンの申込書にある勤め先記入欄の重要性とは

カードローンの申込書には勤め先の記入欄があります。

どのようなことを書くのかというと、会社名、会社の住所、会社の電話番号です。この中で特に会社の電話番号は重要です。

なぜかというと、在籍確認ですぐに使われるからです。申込書を受理後、カードローン会社は申込書に書かれている会社の電話番号に電話をかけます。
(⇒カードローンの在籍確認って何?

それは、申し込んできた人が本当に勤めているのかを確認するためです。

もし、申込者が会社から申し込んだ場合は、申込者を呼び出して、電話に出たら確認が済んだということになります。

申込者が自宅や無人契約機にいる場合は、申込者を呼び出して今はいないと言われたら確認済みになります。もし、会社にいるということになったら大変です。

というのは、申込者は自宅や無人契約機などにいて会社にいないはずだからです。

その状況で会社にかけた電話に本人が出た場合は、申込者が別人ということになります。貸金業者はそういった可能性も考えて在籍確認を行うのです。

では、会社に勤めていない場合は勤め先記入欄にはどのように書けばいいのでしょうか。

たとえば、もしフリーランスなどで自宅で働いているという場合は、勤め先は自宅ということになります。

なので、自宅の住所を書けばいいでしょう。勿論、その場合は在籍確認の電話は自宅にかかってくることになります。

では、まったく働いておらず無職という場合はどうすればいいのでしょうか。こういうケースでは空欄にするしかありませんが、当然、審査では不利になります。
(⇒無職だと消費者金融からしか借りられない?

カードローンの審査では一定の収入があるというのが条件になるので審査に通らないと考えていいでしょう。

だからと言って、以前働いていた職場の住所を書くと、在籍確認でいないと言われてしまうので、やはり審査では不利です。

なので、現在は無職だけど次の職場は決まっているという場合であれば、実際に働き始めるまで申し込みを待った方がいいでしょう。

そうすれば、会社員などの立場で申し込むことが出来ますし、また、勤め先の情報も書くことが出来ます。