カードローンとカードショッピングの違いは何か?どっちが便利か

私は日常的に買物や飲食などの代金をクレジットカードで支払っていますが、最近それでキャッシングすることも増えてきました。

そのため、カードローンを作ったほうがよいのではと思っているのですが、カードのキャッシング枠も増額できるようなので迷っています。

そもそもカードローンとクレジットカードの違いは何でしょうか。ショッピングの支払やキャッシングなどの場合、どちらが便利なのでしょうか。

カードローンはお金を借りるためのもので商品代の決済は不可です

クレジットカードとカードローンを混同している人が少なくありません。

クレジットカードはショッピングや飲食などの代金を後払いで支払うためのものですが、最近では付随的にキャッシング機能を持つものもあります。

しかし、カードローンはお金を借りることのみを目的とするもので、商品の購入代金をそのカードで決済することは不可能です。

ローンカードはあくまで現金を引き出すか、返済するかで使用するものです。

最近のクレジットカードが付随的にキャッシング機能を持つことが多くなったためか、同カードをカードローンと混同される人も少なくないようです。

確かにキャッシング機能だけをとれば、お金を借りる、現金を引き出す、ということで違いはありませんが、クレジットカードの場合はあくまで付随的な機能であり、本質的な機能は商品代金などを決済することといえるでしょう。

クレジットカードは代金の後払いや分割払いで決済するという役割を果たすため、適用される法律は割賦販売法となっています。

一方、お金の貸し借りのために利用されるカードローンに適用される法律は貸金業法です。

このように両者の本質的な機能は異なり、適用される法律も異なっているのです。

ただし、キャッシング機能については貸金業法が適用され、クレジットカード会社でもその法律に従うことになります。

カードローンは商品代金などの決済ができないので、どちらが便利であるかを判断するのは適切とはいえませんが、キャッシングの面では比較可能ということになります。

一般的なクレジットカードでキャッシングする場合の条件としては、利用限度額が100万円以下、金利が15~18%となっています。

一部には300万円などの高額利用も可能なタイプもありますが、限定的とみてよいでしょう。

一方、カードローンの場合は、限度額は300~500万円までの利用が可能なタイプが中心になっています。

金利については比較するために100万円以下の利用で見てみると、銀行ローンでは13~15%、消費者金融では15~18%程度になっています。

こうしてみると利用限度額においても金利においてもカードローンのほうが有利で利用しやすいといえるでしょう。(こちらもご参考に→限度額が高くなりやすいカードローンはどこ?

このようにキャッシング機能のみをとればカードローンのほうが一日の長があると考えられますが、クレジットカードは現金がなくても商品や飲食の代金をカードで済ませられるという便利な機能があります。

それに加えて少額のお金を引き出すのなら多少の金利差を気にする必要はないかもしれませんね。

カードローンとカードショッピングの違いについて知る

カードローンは、銀行などの金融機関が個人に対して融資を行っている融資サービスのことであり、現在では、普通預金口座を持っている人々やカードローンの利用だけを行っている人々など幅広い層が利用しています。

融資されたお金の使い途は、基本的に制限されていませんので、急な出費が発生した時に自由にお金を使うことが可能です。

利用条件は、満20歳以上の成人であり、一定収入を得ている者としている金融機関が多いです。

カードショッピングは、クレジットカードを使って買い物をすることであり、クレジットカードを使用したい場合には、クレジットカード会社と契約を交わす必要があります。

カードショッピングでは、ショッピングを行った際に決済を行なって、まとめて請求がされる仕組みになっており、一括払いとリボ払いを選択することが出来ます。

カードローンとカードショッピングは大きく違い、カードローンは個人向けの融資、カードショッピングはカード会社による一時立て替えという性格を持っているサービスです。

自由に使うことが出来るお金を調達したい場合には、カードローンの利用が一般的です。

申し込みを行いますと、審査が行われますので、本契約の為には審査を通過する必要があります。

融資されたお金の返済は、返済期日までに返済を行わなければいけません。

金融機関が毎月の返済額を金利を乗じて、債務残高に応じた金額を計算して利用者に請求していくことになります。

期日前返済や一括返済を行なうことも可能であり、早期に債務を無くすことができ、金利総額を大幅に抑える効果があります。

銀行で利用出来る融資サービスは複数ありますので、利用者は用途に合った融資サービスを選択することが可能です。

それぞれの融資サービスには、審査があります。複数の融資サービスを使い分けることで、利用者の生活を豊かにすることが出来ます。

返済シミュレーションなどを使っていくことで返済額が予め把握することが可能です。

【参考ページはこちら】
キャッシングとカードローンに違いがある?