主婦が審査に通りやすいカードローンは、就業形態で違いはあるか

私は41歳の専業主婦で今までカードローンを利用したことがありませんが、妹がケガをして治療費などで少しまとまったお金が必要になったためローンの利用を考えています。

カードローンの審査のことが気になっているのですが、先日友人から審査に通りやすいカードローンは主婦のタイプによって異なるといわれました。

審査に通りやすいカードローンは、主婦のタイプによって異なるのでしょうか。

主婦も就業別に審査通過しやすいローンがあります

主婦を就業の面で分類した場合、専業主婦、パートに就く主婦、フルタイムで働く主婦に分けることができますが、そのタイプごとに審査に通りやすいカードローンも若干違ってきます。

専業主婦ではネットバンクや地方の金融機関など、パートの主婦では大手消費者金融やレディースローン、フルタイムの主婦では消費者金融など事業者全般、というように審査通過しやすいローンが異なるのです。

主婦をどのように扱うかは各カードローンによって異なりますが、その主婦も一様ではなく就業の面からでは専業主婦、パートに就く主婦、フルタイムで働く主婦に分けることができます。

何故、そのように分けるかというと、カードローンの利用条件が安定した収入のある人となっているため、収入を得る手段としての就業の有無や程度が審査の上で重要となるからです。

専業主婦の場合は無職で収入がなく最もリスクの高いタイプといえるため、彼女らを利用対象者にしているローンは多いとはいえません。

特に消費者金融は総量規制の点で例外を除いては融資することができないので、大手消費者金融などでは利用対象者に専業主婦を含めていないのです。

銀行などの金融機関は総量規制の適用外となるので法律による影響はないですが、リスクの点から対象者に含めないところがまだまだ多いようです。

しかし、ネットバンクや地方の金融機関の一部では他の事業とのシナジーや利用者拡大という事業方針などに基づき積極的に専業主婦に対応しようとする事業者が現われ始めています。

あなたは専業主婦なので、こうした金融機関が最も有力な申込先になるのではないでしょうか。

パートとして働く主婦を利用対象者とするカードローンは多くあります。
(⇒主婦のみなさんにおすすめのカードローン情報

ローン業界全体が利用者の獲得増、利用者層の拡大へ動いており、パートの主婦であればたとえ収入があまり多くなくてもローンの利用は困難ではないでしょう。

特に大手消費者金融などではレディース専用の受付窓口を設置したり、女性専用のレディースローンをラインナップしたり彼女らの取り込みに力を入れています。

フルタイムで働く主婦の場合は一般の利用者とまったく同じ扱いになります。

特にどこが通りやすいともいえませんが、レディースローンなどは確かにスタッフが女性であるため利用しやすいのは間違いないでしょう。

しかし、利用限度額や金利面だけでは一般的なローンのほうが有利となっている場合もあるので、借入条件をよく比較して最適な利用先を検討してほしいものですね。

実は主婦カードローン審査、通りやすいのです

いま、キャッシングを行っている方はとても増えています。

どうしてもその背景には、日本の景気が関わってきています。不景気、不況であることによって、どうしても必要な時にお金がないという状況に陥りやすくなっているのです。

そこで選択肢は二つあります。

何とかして用立てるのか、もしくはあきらめてしまうのかということです。

諦めてしまうのは簡単ですが、そこで人生が変わってしまうかもしれないということを考えれば、方法さえきちんとしていれば何とかして用立て見るのも悪くないでしょう。

さて、そこでその方法の一つとして、カードキャッシングを行うということがあります。

カードローンも同じような目的で使われています。

ちなみに、こういった金融機関でお金を借りたり、ローンを組むという時には審査が必要になります。

銀行であっても、消費者金融であっても審査がありますので、知っておいてください。

そのさい、主婦カードローン審査、通りやすいという傾向があるのは事実です。

もし専業主婦であっても、実は配偶者の方がきちんとした収入が定期的にあるということであれば、全く問題ありません。(こちらもご参考に→主婦OKの審査が緩いカードローンはある?

もちろん借入額やローンの額によっても、その審査の内容が変わってくることがありますが、主婦であっても、学生であっても最近は通ることが多いといわれています。

しかし、ブラックである場合には、少し厳しいかもしれません。

ブラックというのは、ここでは返済期日を過去に過ぎてしまったことがある場合や、自己破産をしてしまったことがあるという場合です。信頼して貸すことができないということにおいて、落とされてしまうことがあります。

しかしここでも、ブラックでも貸してくれるところが最近増えていることもありますので、あきらめずに探してみてください。

その際、金利は高めに設定されていることが多いので、必ず金利の確認と、返すためのシミュレーションを行うようにしてください。返済できなければ滞納金が出てしまいます。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンなら専業主婦も借りられる?