在宅確認なしのカードローンはありますか在宅確認の意味は?

カードローンに申込むと必ず在宅確認ってあるのですか。在宅確認のないカード会社があれば教えて欲しいです。

在宅確認って何の意味があってするのですか。それも一緒に教えて下さい。

在宅確認ではなく在籍確認の事でしょうかこれは不可欠です

在宅確認ではなく在籍確認ですね。勤務先に間違いなく勤務しているかを電話で確認する事です。

疑うわけではありませんが、まったく違う勤務先を記入したり、働いていないのに働いていると嘘の申告をした人なども入る為、電話での在籍確認は不可欠となっています。

もちろんカードローン会社だとは分からないように配慮されますから安心して下さい。

電話は個人名かもしくは銀行名で掛けます。

○○さんはいらっしゃいますかと伺いますが席空きですと答えられても今外出していますと答えられても間違いなく勤務している事がわかればそれで良いのです。

在籍確認をする意味は先ほども書きましたが、嘘の申告をする人もいる中、間違いなく申告した勤務先に勤務していると言う事を証明するための在籍確認なのです。(こちらもご参考に→カードローンの在籍確認についてもっと詳しく

そう考えると、嘘を書いていないのなら堂々と確認して貰う方が良いのではないでしょうか。

世の中には不思議な職業があって、こういった在籍確認を代行で受けてくれると言うのです。

その場はそういう誤った方法で切り抜けられたとしても、借入れした金額を返済する事など出来ないのではないでしょうか。

カードローンでお金を借りると言う事はカードローン会社があなたを信用して貸してくれると言う事なのです。

間違いなく記入した勤務先に勤務しているのであれば、何も心配する事はありませんよ。

もしも心配なら事務の人に「電気製品をローンで買ったので確認の電話があるかもわからないから、宜しく」と話しておいても良いのではないですか。
(⇒在籍確認のないカードローンもあるってホント?

そしてカードが手元に届いたら、自分の信用を今以上にしっかりと積みあげる為に計画的な借入れ返済を行って下さい。

カードローンは本当に便利で簡単にお金を引き出せるので、休日の急な出費などの時にとても助かります。

ただ簡単に引き出せる為に自分のお金のような錯覚に陥って借金であると言う事を忘れてしまうのですよね。

その結果使い過ぎてしまい返済する事が出来なくなってしまったなんて事もよくあります。

そんな事になるとせっかく積み上げた信用は無くなってしまいます。そうならないように借入れは計画的にして下さいね。

本当に必要な時に必要な金額を借入れて期日を守って返済する。この繰り返しがあなたの信用実績となるのです。

【参考ページはこちら】
在籍確認不要なカードローンは審査に通りにくい?

在宅確認なしなしで審査を通過できるカードローンはある?

突然、何らかの事情によりまとまったお金が必要になることは珍しくありません。

しかしながら、家族や友人から今すぐにお金を貸してくれる人を探すのは金額が大きければ大きいほど困難な上、金銭のやり取りということもあり言い出し辛いものです。

そんな時に便利なのが、金融機関で融資を受ける方法です。

銀行や消費者金融が取り扱っているカードローンなら、申込をすると専用のカードが発行され、街中のATM等からお金を引き出すような感覚で簡単にお金を借りることができます。

また、中には最短で即日融資にも対応しているところもあり、早急にお金が必要な場合にもすぐに対応できる非常に便利なサービスです。

カードローンを利用して融資を受けるためには、まず融資を希望する金融機関で審査を受ける必要があります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってる?

審査では、申込者が信用できる人物であるかを基本情報や信用情報などを基にして判断されます。

またほとんどの金融機関では、審査の一環として申込情報を基に、担当者から勤務先や自宅へ、電話で在籍確認や在宅確認が行われます。
(⇒カードローン審査は在宅確認もするの?

申込者の中にはこの電話によって会社の同僚や上司、または家族へ自分が融資を希望していることがばれてしまうのではないかと不安に感じる人も少なくありません。

実際には金融機関もそういった状況に配慮して、会社名を伏せて電話をかけてくれるため、よっぽど鋭い人でなければそれが金融機関からの在籍確認や在宅確認だと気がつかれることはありません。

しかしながら、どうしても他人にバレるのが心配なケースや、会社が休みの日に即日融資を希望するケースではこの在籍確認や在宅確認はなかなか厄介です。

では、在籍確認や在宅確認なしで審査を通過することは不可能なのでしょうか。

金融機関の中には、在籍確認を行わないでもOKなところも存在します。

ただしその場合は代わりに社員証や給与明細など、その会社に勤めていなければ持ちえない証拠を提出する必要があるでしょう。

また在宅確認に関しては、特別な事情がない限り実施されないことがほとんどです。