初めてカードローンに申込みます組める金額は決められますか

初めてカードローンに申込みを考えているのですが、金額は自由にこちらで決めて良いのでしょうか。

限度額ってどのように決められるのですか。あまり良くわからないので最初はどのくらいの金額で申込めば良いのかも教えて下さい。

限度額については希望は提出しますが決めるのはカード会社です

カードローンに申込む時にある程度の希望金額は申し出ますが、最終的に限度額を決定するのはカードローン会社です。

カードローンに申込まれる人はそれぞれ何か目的があって申し込まれるかと思います。

たとえば旅行に行くので30万円位借りたいとか。結婚式の為に200万円と言う風にです。その希望額を申込み時に申し出ます。

申告内容にしたがって審査が行われて、可否と共に個々の限度額が決まります。

希望額がそのまま通る時もあれば、半分以下の限度額となる事もあります。

初めて申込みをする場合は限度額は希望するしないに関わらず、50万円くらいの限度額になるのではないでしょうか。

初めてで100万円200万円と言う限度額はまずないでしょう。

もちろん初めての場合でも審査の結果収入証明書を添付の上で300万円の限度額でも通る事があるので一概には言えません。消費者金融では総量規制の為年収の3分の1以内の貸付となります。

300万円の年収の人が200万円の融資を希望されても100万円までと法律で決められているので希望に添えません。

どうしてもと言う場合は銀行のカードローンに申込むようにしましょう。初めてで200万円の希望はなかなか厳しいものがあるとは思います。

銀行のカードローンは総量規制対象外なので審査の結果ではあるけれど200万円の融資が可能な事もあります。

特に目的があって高額な限度額を希望されているのなら銀行には目的別のローンの用意もあります。

たとえば家のリフォームに必要ならリフォームローン、結婚資金ならマリッジローンと言う風にいろいろな目的の為に使うローンがあるのです。

目的別ローンはより金利が低く設定されているので、目的とするものがある場合には検討されると良いですね。

初めてカードローンに申込まれる場合は概ね50万円くらいの限度額になっていると思います。それでは多すぎると言う場合は希望に添うように変更も可能ですよ。

ただ限度額を後から増額するのは大変なので、少し多いと思ってもそのままの限度額にしておく方が良いでしょう。

限度額が思ったより多くなるとそれだけ使ってしまうからと考えるのなら限度枠内で減額を申し出て下さい。

【参考ページはこちら】
カードローンの利用上限を上げる基準とは?

カードローンの組める金額には個人差があります

お金に困ったときに頼りになる存在として融資を受けられるサービスに、銀行や消費者金融業者が行っているカードローンがあります。

融資を受けるためには、それぞれの金融業者ごとの審査を受ける必要があり、審査では返済能力について確認されることになります。

審査では融資が実行されるかどうかだけでなく、利用者のローンが組める金額についても決定します。

カードローンが組める金額はそれぞれの返済能力によって、個人差があると言えます。

年収が多い人や勤務先がとても安定している企業である場合には、カードローンの組める金額が多くなります。

消費者金融業者においては貸金業法に基づいて融資のサービスを行っており、年収3分の1までの金額しか融資が行えない総量規制の適用を受けることになりますので、利用者の年収の3分の1までしかカードローンを使って融資が受けられないことになります。

銀行からの借り入れについては銀行法に基づいて融資が行われているサービスとなり、総量規制の適用対象外の扱いとなりますので年収3分の1を超える金額の融資を受けることが可能です。

カードローンの組める金額は、それぞれの金融業者ごとに利用限度額という形で設定されていて、多くの消費者金融業者では最大で500万円の設定になっているところが多いです。
(⇒カードローンの限度額についてもっと詳しく!

銀行の場合では最大800万円まで借り入れできる金融機関や、1000万円までの融資が可能な銀行もあります。

低金利で行われている金融機関の場合で、多くの利用限度額が設定されているところでは、他の金融業者からの借り換えやおまとめローンのサービスを行っている金融業者もあります。

低金利で多くの融資が受けられる金融業者から借り入れを行うことで、利息分の支払い金額を減らすことができますし、返済計画が立てやすくなるメリットがあります。

一般的な場合では、初めての利用のときには50万円以下の利用限度額となることが多いと言えます。

金融業者ごとに異なる設定になっていると言えますが、半年以上の継続的な使用によって金融業者の信用度が高くなっていきますので、利用限度額の増額の申請ができるようになります。