カードローンの金利の決まり方は審査によりそれぞれ違ってくる?

カードローンの金利には幅がありますよね。

どうして一律ではないのですか、違いが良くわかりません。同じ金額の借入でも人によって金利が違うなんて事もあるのですか。

その金利ってどのように決められるのですか。分からない事ばかりです。いろいろと教えて下さい。

金利は一定ではなく個人の信用度や貸付の金額により違ってきます

カードローン会社のホームページで確認できますが、金利は貸付する金額によってまず違ってきます。

4%~14.5%の金利だった場合、50万円までは最高金利の14.5%の金利設定となります。500万円、800万円の借入の場合は4%の金利設定となるのです。

貸付金額が大きいと金利4%でも年間20万円の利息となります。

この金利は当分変動はありません。後は個人の信用度に応じて、多少金利が変る場合もあります。この信用度というのは大変重要になります。

まず銀行の金利は消費者金融などと比べてなぜ低く設定出来ているのでしょうか。

それは銀行は回収不能などのリスクを金利で補う必要を感じないからなのです。

銀行には資金力があるからと言う事も言えますが、顧客自身もきちんと返済を行える人が多いと言う事なのです。

このように顧客の品質が銀行のカードローンの金利の低さの原因になっているのです。消費者金融は以前かなり高めの金利設定をしていました。(こちらもご参考に→低金利の銀行カードローンを教えて!

そして多少のリスクは抱えても顧客獲得の方に力を入れていたのです。回収不能のリスクは高めの金利で補っていたのですね。

今は利息制限法が改められたため、上限利息をかなり引き下げる事になったのです。

その為消費者金融もそうそうリスクの穴埋めを出来なくなってしまいました。

そこで消費者金融もまた顧客の品質向上を目的に掲げるようになったのです。

絶対にこの人は返済を滞る事はないと信用出来る人には少し低めの金利設定が実現できると言う訳なのです。

このように金利と顧客の信用度はこのような関係になっていると思われます。

申込み当初は一番高い金利設定になっていても、実績を積んで行けば少しずつ金利も下がってくると言う事です。もちろん一度も遅延などが無い場合に限ります。

結局金利は貸付金額によって変わると言う事と顧客の信用度によって変わると言う事なのです。

申し込もうと思うカードローン会社のホームページで詳しい金利設定が確認出来ます。

もちろん個々の金利については個人差があるのでホームページには記載はありませんけれど、きちんと期日までに返済すると言う当たり前の事を続けているだけで、ある日金利が下がると言う事もあるのです。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンは何社まで借り入れできる?

カードローンの金利の決まり方は上限額によります

消費者金融では、金利が決まっている場合も多いのですが、銀行系カードローンでは大きな幅を持って表記されていることが一般的です。
(⇒カードローン金利に関するおすすめQ&A

一体何故この様な差があるのでしょうか。またどのような決まり方なのでしょうか。実は貸付上限額でほぼ決まる様になっています。(こちらもご参考に→カードローンの上限についてもっと詳しく

まず利息制限法による制限がありますから、必ずそれ以下になります。利息制限法の定める上限10万円以下では年利20.00%以下、100万円以下では年利18.00%以下、それ以上では年利15.00%以下となっています。

この様に法律の制限でも大きな借入をした場合の方が安くなる決まり方をしています。

消費者金融の場合には総量規制から一般的には上限額は100万円までとなりますので、年利18.00%となっている場合がほとんどですが、銀行カードローンでは100万円の場合は15%から18%となっていることが多いようです。

それ以上の大きな借入額に例えば300万円以上となると、3%以下と言うような低金利もありえます。

この様に大きな金額を借りることが出来ると言うことはそれだけ大きな信用があると言うことでもあり、信用に応じてリスクが減り金利も少なくなると言う仕組みになっていると言えます。

また貸し出している金額が減っても一人の顧客あたりの利益が減らないように決めていると言う面もあります。

この為に同じ人でも貸出し金額が少なくなると、貸付残高に応じて変動して、残高が少なくなると金利が高くなると言う風になっています。

この場合借入残高が少なくなっているのですから、リスクは少なくなっているわけで、金利は低くなっていて当たり前ですから、信用だけで決まっているわけではないことがはっきりと分かります。

この様に基本的には借りる金融機関の考え方次第で決まり、ハイリスクでも融資してくれるところほど高いだけでなく、借入金額が多くなるほど安くなる面があります。

この為にお得に利用しようとするのなら、出来る限り借入をまとめるようにすることも重要です。