カードローンに複数借入れしてること審査でばれるでしょうか

カードローンを数社利用しています。複数借入してしまっているので、もう可能額が0で返済だけをしている状態なのです。

これでは月々大変で、どこかにまた申込みしてみようかと思っていますが、複数社から借入していると言う事はやっぱりわかってしまうのでしょうか。

他社での借入れ状況は個人信用情報などでわかりますよ

複数社でのカードローンの借入は個人信用情報機関を通じて各社に情報は共有されます。

消費者金融では総量規制の為に今まで限度枠があった人も突然に限度が0となったなどと言う事もあるのです。

今の状況では消費者金融での新たなカードローンの申込みは出来ません。申し込むのであれば銀行のカードローンが良いでしょう。

銀行のカードローンは総量規制対象外なので、消費者金融での借入れが複数社あっても申込みには問題はないのです。

ただし今の借入分の返済に遅延などが無い事は最低限の条件です。

銀行のカードローンは総量規制には関わりませんが審査は顧客品質にこだわって行われます。

属性はもちろんの事、個人信用情報のマイナス履歴はかなり重要視されるのです。

リスクを金利で補う事が出来ない銀行のカードローンは顧客の品質の良さに拘って、必ず返済をきちんとしてくれるであろう顧客のみに貸付を行っています。

他社での借入れも多い上に延滞や遅延が目立つ人に貸付は行わないと思って下さい。

そういったマイナス要素もなく、きちんと期日までに返済を行っているのであれば、金利の安い銀行のカードローンへの借り換えを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

一本化する事で金利面でも得になるし、毎月の返済額も減額されるのなら無理がないと思います。

銀行のホームページで借り換えた場合はどれだけの返済額になるのかシミュレーションも出来るのでぜひ確認して下さい。

現状のままで借入金を増やしたのでは完済までがまたより遠くなってしまいますよ。

出来れば一つにまとめて返済のみを行ない、余裕のある時には追加返済も行いながら早めに完済を目指して頂きたいと思います。

そして完済した後にまた必要に応じて借入をされる事をお奨めします。ずるずると多重で借入てしまうと借りる事が当たり前になってしまいます。

そういう体質になってしまう事は何よりも避けたい事ですね。完済するとやはり嬉しいしすっきりした気持ちになります。

この感覚が大切で、借入してもこの完済した時の気持ちを忘れなければ、二度と借金体質になる事はないでしょう。

【参考ページはこちら】
複数社からの借り入れがヤバい時はどうすればいい?

「複数のカードローンはばれる」って本当なの?

カードローンは非常に便利なものであり、現代では様々な場所でカードローンが運営されるようになっています。

それぞれの業者によって借り入れの条件は異なってきますし、また業者によっては特別な契約条件を用意することによって新規顧客の獲得を狙うようにもなりました。

そうしたなかでは業者を比較して、より好条件の場所から借り入れをするというようなことも出来るようになっています。

消費者が求めるのであれば複数の業者からお金を借りるということもできるのですが、こうした複数の借り入れは審査においてマイナス要因になることもあります。

この借り入れについて「複数のカードローンはばれる」と言われることもあるのですが、これは本当なのでしょうか。

基本的にこうしたことについては「間違いなくばれる」と考えて良いでしょう。

そしてこれはカードローン業者のみならず、銀行でローンの審査を受けるというような場合でも変わりはありません。
(⇒カードローンの審査ってどうなってる?

ではどうやって情報がばれることになるのかというと、こうした借り入れの状況については「信用情報」に記録されることになっています。

信用情報とはそれぞれの消費者がどこからどれだけのお金を借りているのか、その返済状況はどうなのかといったような情報がまとめられたものです。

この信用情報は一般の消費者に対しては本人からの請求以外で開示されることはありませんが、信用情報機関に加盟している業者は消費者の審査など、状況に応じて照会をすることが可能になっています。

そのため、金融機関がローン審査で信用情報を紹介したというような場合には、複数の借入が必ずばれることとなるのです。

基本的にこうした複数の借入が審査において悪影響を及ぼすのは「3~4社程度から」というように言われています。

3社以上から借り入れをしているというような消費者に対しては審査が厳しくなりがちです。

よほど信用に優れているなどの特別な事情があるのであれば融資をしてもらうこともできますが、基本的にこうした状況だと新しくカードローンを契約するということは非常に困難になると考えた方がよいでしょう。