在籍確認の電話なしでカードローン審査に通る所がありますか

カードローンに申込むと必ず在籍確認ってあるのでしょうか。

在籍確認なしでカードの申込みはできないのですか。

それと電話の他に何か方法がないのかも教えて欲しいのです。

私の会社は厳しくてカードローンに申込んだなんて知れたら大変なんです。どんな風に電話をかけてくるのでしょうか。

在籍確認は審査の中でももっとも重要な確認事項です

カードローンを申し込む時に必要事項を記入しますが、勤務先の住所と電話番号も記入しますよね。

この記入された内容に基づいてカードローン会社は審査を開始します。勤務先の規模、職種、収入や現住所を確認し、家族構成に至るまで審査します。

そしてその申告されている事項が間違いなく本人のものであるか、まず本人への確認電話、そして運転免許証など本人確認書類の照合。後は勤務先への在籍確認となります。
(⇒会社や自宅に確認不用のカードローンはない?

在籍確認は申し込み本人が間違いなく記載された勤務先へ勤務しているかと言うのを確認する事は当然の事だと思います。

記入事項をすべて信じたいのはやまやまですが、たまたま住所を知っている大手の勤務先を書いたとか、兄弟が勤めている会社を記入したとか、信じられない嘘の記入をする人もいないわけではないのです。

その為にカードローン会社は記入された勤務先へ電話をし、申込者本人が間違いなく勤務しているかどうかを確認するのです。

心配なのはその電話がどのように掛けられるのかと言う事ですよね。

もちろん消費者金融ならば会社名などは出しませんよ。個人名での電話をします。銀行のカードローンなら銀行名での電話になる事もあります。

「○○と申しますが、○○○子さんはおられますか」と言う風にかけます。

「今席をはずしています」とか「今は営業で出ております」在籍確認ですから、こういう返事でも当然良い訳です。

今は派遣会社へ勤めていて、実際には派遣先の会社に長く勤めているけれど、もともとの勤務先は派遣元の派遣会社だと言うようなややこしい関係もあります。

どうしても電話が難しい場合は直近の給与明細を何か月分か提示する方法をとっている所もあるようですので、確認してみて下さい。

ただ原則はどこでも電話での在籍確認となっていますよ。

もし会社側に変な憶測で誤解されたくないと言うのなら、電気製品をローンで買ったので確認の電話が入るかもと事務の人に一言頼んでおくのも良いのではないでしょうか。

とにかく間違っても金融会社名で電話をする事はないので安心して下さい。

申し込み時に在籍確認のおおまかな希望時間や男性女性どちらにかけて欲しいかなどの希望は申し出る事が出来るはずなのでそれも確認して下さいね。

「電話なし」のカードローン審査ってあるの?

カードローン審査では様々なポイントがチェックされることとなります。

収入やそのほかの借入状況といったようなところはもちろんですし、どういった勤務先に勤めているのか、また勤務先には本当に努めているのかというようなこともしっかりチェックされることとなるでしょう。

こうした「勤め先」に関する確認が行われる場合には、ほとんどの場合で勤め先への電話確認が行われることとなります。

基本的に電話がかけられる場合でもカードローン会社の名前が出されるということはなく、オペレーター個人の名前で電話がかけられることになります。

そのため「カードローン審査を受けている」ということが勤め先に知られるというリスクはほとんどないのですが、実際に審査を受ける側からしてみれば「なるべくなら電話はしないでほしい」と思うのが当然の心理です。

では「電話なし」のカードローン審査は無いのかというと、これについては残念ながら殆どないと言っていい状態です。

というのも、勤め先という情報は個人の信用を判断するうえでも非常に重要な情報になります。

虚偽の勤め先を申告されているにもかかわらず、それをチェックせずに審査を通過させてしまうというようなことがあったのでは、そのカードローンの運営はすぐに破たんしてしまうことでしょう。

現代の社会では会社などに勤めて給与をもらうことによって生活をしている人がほとんどなわけですから、ここで給与をもらっていないというような人に貸し付けてしまうと、返済をしてもらうことができずに新しい貸し付けができないということにもなりかねないのです。

そうした事情があるため、基本的に電話確認は必ず行われるものであると考えておくべきでしょう。

しかし何らかの事情によって電話確認をすることができないというような場合には、特例として企業に勤めていることを明確に証明できる書類で代替できることがあります。

もちろんどのような人に対してもこういった措置が取られるというようなことはなく、本当にやむにやまれぬ理由がある場合のみということになっていますが、もしどうしても電話を使えない事情があるのであれば、オペレーターに確認を取るようにするとよいでしょう。

【参考ページはこちら】
在籍確認のカードローンなんて本当にある?