他社の借入を支払わなくてカードローン通った人なんていますか

他社での借入残がまだあります。この借入分を支払っていないのにまたカードローンに申込む事が出来ますか。

借入れの支払が残ったままで別のカードローンの審査に通った人がいるのでしょうか。

またどういったカードローンに申込むのが良いのでしょうか。

借入残がどのくらいで何社に借入れているかで違ってきます

この借入は消費者金融の借入残なのでしょうか、そして何社くらいの借入があるのでしょうか。

借入残が1社のみで限度額が少ないのなら消費者金融でも、新たなカードローンに申込みは可能ですが消費者金融のカードローンは総量規制の為年収の3分の1以上の借入が出来ません。

もしこの総量規制に引っ掛かるようなら消費者金融ではなくて銀行のカードローンに新たな申込みをして下さい。

銀行のカードローンは総量規制対象外なので年収の3分の1を超えても借入れる事が出来るのです。それに銀行のカードローンの一番の魅力は低金利です。

もちろん今現在の借入分を完済してから新しくカードローンに申込む方がよいのですが、まだ残高が残っていても別のカードローンに申込んで審査に通る人はたくさんいますよ。

今使っているカードローンの金利と銀行のカードローンの金利を比べてみて、もしも銀行の方がかなり低金利でお得なら借り換えを考えてもよいのではないでしょうか。

もちろん銀行のカードローンに借り換えるにしても審査はあるので審査基準をクリアできるようにしておいて下さい。

返済期日に遅れる事もないように気を付けて下さいね。

特に銀行の場合顧客の品質向上を目的としているので審査は少し厳しいと言われています。でも特に問題がなければ恐れる事はありません。

審査はどこの審査も内容的には変わらないのですから。

審査を通過して借り換える事が出来たら、今度は完済を目指して計画的に返済していきましょう。

毎月の返済に併せて余裕のある時には追加の返済をする事で早く完済する事が出来ます。

カードローンはいつでも銀行やコンビニのATMで借入れと同時に返済も出来るのです。

これは本当に便利ですね。今までは生活の為にカードローンを利用する人がほとんどでしたが、これからのカードローンは生活を楽しむ為のものではないかと思うのです。

ゆとりのある生活、楽しむ生活。その為には返済借入れを繰り返すのではなく生活を楽しむために借入れし、後はしっかり返済する。そういうカードローンの使い方も必要ではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
カードローン審査を同時に受けたらいけない?

支払わなくてカードローン通ったという人もいる

貸金業者は債務者の情報を一括管理している信用情報機関に問い合わせれば、個人情報から借入状況などすぐにわかります。

申し込む時に嘘をついても必ずわかると言われているのは、このような信用情報機関の情報によるものです。

そしてこの信用情報機関は何もそのような情報だけではなく、事故履歴も記録する優れものでもあります。

よって延滞履歴、返済が滞っているなどの事故もしっかりと記録されます。

このような事故履歴があると当然貸金業者のイメージが悪くなります。新規申し込みはもちろん、増額も断られる要因になるのです。
(⇒カードローンの増額にメリットはある?

しかしながら不思議なことが起きるもので、支払わなくてカードローン通ったという人がいます。

クチコミサイトやインターネットの掲示板などでそのような書込みを見つけることがあります。

書込した本人もまさか審査に通るとは思っていないようで、非常に驚いていました。また債務整理中であっても審査に通るといったこともあります。

ここで考えられるのは致命的な審査ミスが考えられます。

しかし貸金業者それぞれ厳密に決まった審査基準がありその穴をすり抜けたというのは、正直言って考えにくいものです。

一番考えられるのは素直に審査に通ったということでしょう。

貸金業者それぞれに公開されていない審査基準に満たしたことによりカードローンの審査が通ったことになります。

信用情報機関はあくまでも情報を提供しているだけであり、審査は貸金業者それぞれのところで行っています。

その基準に達することができれば、たとえ事故情報が記録されていても、審査を通す貸金業者がいることを示している情報です。

よって誰にでも審査に通るチャンスは転がっていることになります。

もちろん貸金業者による審査ミス、情報提供ミスなどあるでしょう。

そのような点を考慮すると誰にでも借りることができるというチャンスはひとつの運でもあると思います。借入することができるのは、運も必要ということでしょう。