銀行カードローンの利用可能枚数はどれくらいなのでしょうか?

銀行カードローンって便利ですよね。あまりにも便利すぎて、大好きです。

ところで、この銀行カードローンの利用可能枚数って、いったいどれくらいなのでしょうか?

銀行カードローンなら、年収に関係なく借りることができるって聞いた気がするんだけど…どうなの?

もし、いくらでも持っていいんだったら、たくさん契約しておくとあとあと便利かなと思ってさ!

法律上は無制限ですが審査の段階で落とされることもあります

なるほど、カードローンは確かに非常に便利じゃな。便利すぎて大好きだという気持ち、わからんでもない。

窮地に陥った時にカードローンに救われた経験などがあると、手放せなくなってしまうな。

利用可能枚数を増やそうと考えておるようじゃが、それはあまりおすすめできんぞ。

説明していくので、それを読んでから利用可能枚数を増やすかどうか再検討してみてくほしい。

まずは質問に答えなければならんな。利用可能枚数はどれくらいか?ということじゃが、これは人それぞれ条件によって変わり得るし、カード会社側の都合で審査に通らない場合もある。

したがって、どれくらいまで同時に利用可能カードを持てるかということについては、一概にこうとは言えないのじゃ。

確かに、銀行カードローンであれば総量規制の対象にならないため、法律上はいくらでもカードを持っても良いということになる。

しかし、上述したいずれかの理由で、審査に落とされてしまう場合がある。

複数同時にカードローンを利用する人は、カード会社側はなるべく避けておきたい存在じゃ。

だからこそ、お互いに信用情報機関を通じて申し込み状況の情報交換をしてまで複数同時申し込みを拒否するのじゃ。

多重債務状態に陥った利用者は、金融事故を起こすリスクが極めて高いためじゃな。

リスクが高い人にわざわざカード会社は貸し付けを行いたくないじゃろう。

単純に複数のカードの借入可能額を総合すると、大きな金額になるじゃろう。それは非常に心強いかもしれん。

じゃが、それはその人の支払い能力を大きく超えてしまっているかもしれんじゃろう。

支払い能力とは、単に現金をどれだけ手に入れられるかということだけを指すものではない。お金や自分自身の生活の管理能力もそれに含まれてくるのじゃ。

利用可能額をあげたいのであれば、なるべく少ない枚数に絞ったほうがいいじゃろう。そして、集中して利用する中で借入限度額を少しずつ上げていけば良い。

その方が、借入利率は下がり、返済回数も少なくて済み、断然おトクじゃ。頭の片隅にでも入れておくとよいじゃろう。

【参考ページはこちら】
カードローンは銀行と消費者金融、どっちがいい?

持てることができる銀行カードローン可能枚数はどのくらい

総量規制対象外である銀行のカードローンは使う者にとって最高のキャッシングカードローンになります。

銀行は何よりも金利が消費者金融に比べて安いところが多いです。

また借入限度額も収入証明書不要で100万円貸してくれる銀行も多くなりました。

中には300万円貸してくれる銀行もあります。

借りる金額が多くなればなるほど、金利も安くなりますので銀行で借りることのデメリットが見つからないほどお得なキャッシングローンだと思います。
(⇒カードローン金利に関するおすすめ記事

そんな銀行ローンですがたったひとつのデメリットがあるとすれば、それは審査に対して厳しいといった点です。

明らかに消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあります。

最近では主婦やアルバイト、パートの人でも銀行ローンに申し込みでき審査に通る人も増えて銀行ローンは敷居が低くなったように思えますが、それでも消費者金融に比べると審査は厳しいです。(こちらもご参考に→主婦OKの審査がゆるいカードローンってある?

またそれは他社からの借入が増えれば増えるほど審査が厳しくなる特徴があります。消費者金融のように柔軟な対応をしてくれないのが銀行ローンの特徴でもあるのです。

果たして銀行カードローン可能枚数はどのくらいになるのでしょうか?やはり一般の人で3枚が限度ではないかと思います。

もともと貸金業者そのものは多重債務者を嫌う傾向があります。

3社以上になると多重債務者という印象を貸金業者側が持つようになり、返済能力を疑う基準になります。

もちろん年収や収入証明書の提出で与信をしっかりと証明することができれば、持てるカードの枚数も増えるでしょう。

何もしないで銀行カードローン可能枚数を増やすとなれば難しいでしょう。

また銀行カードローンは一回でも延滞してしまうとカード停止処分にされる可能性が高くなります。

信用の面に対しては銀行としてのメンツを感じるかのような強い姿勢を出してきますので、延滞事故には十分気をつけるようにしてください。

銀行カードローンは事故なしで持ち続ければ増額できるチャンスがありますので、大切に育てるようにしましょう。