カードローンの金利は単利?複利?

カードローンについて聞きたいんだけど、これって金利は単利?複利?

まだ使ったことがなくてよくわからないから、怖くて手を出せずにいるんだよね。

複利だとしたら、利子って大きくなってっちゃうんだよね?どうしたらいいのかも教えて欲しいんだけど…。

カードローンの利息は基本的に複利となっています

ほう、単利、複利との事を理解しておるようじゃな。カードローンの利息は、基本的に複利である。

毎月、利用残高によって利息計算がなされるため、支払いを続けなければ毎月利息がどんどん大きくなっていく恐れがある。

したがって、カードローンを利用する場合は、必ず毎月、一定金額は返済をしなくてはならん。

全国規模のカードローンには少ないが、地方銀行が運営するカードローンの中には、返済方式が「随時返済のみ」となっているところもある。
(⇒銀行カードローンは低金利ってホント?

お金に余裕があるときに随時返済をしていけばOK、ということなのじゃが、非常に便利で使いやすい反面、「忘れていた、お金を用意できなかった」という場合を含め、返済をしなかった場合、上述したように、利息が膨れ上がっていく可能性がある。

そうでないカードローンには、「約定返済額」というものがそれぞれ決められておる。

これは、「毎月必ず返済しなくてはならない最低金額」のことをいう。これを約定返済日までに支払わなければ、「遅延」ということになる。

これを数回やらかしてしまうと、いわゆる「ブラックリスト」に登録されてしまう。

先の例と比べると、毎月必ず支払わなければならないという決まりがある分、利息が大きくなりにくいというメリットもある。

しかし、借り入れの総額や、そのカードローンの約定返済額によっては、利息を下回ることもあるから注意が必要じゃぞ。

当然のことじゃが、利息が約定返済額を下回った状態を続けていると、元金が減ることなく、借入総額が利息によってどんどん大きくなっていく。

その為には、約定返済以外に、随時返済(追加返済)も行っていかなければならない。

随時返済とは、約定返済として決められた期間外に返済をすることを言う。これをすることによって、元金を確実に減らすことができる。

そのため、利息の支払いが少なくなるというメリットもある。

カードローンを利用する場合は、複利によって利息が膨れ上がっていくということを知っておかなければ、いつまでたっても返済が終わらないということがありえるのじゃ。

約定返済と、随時返済についてなど、きちんと把握しておくことが大切じゃ。

ホームページにある、返済シミュレーションを使って、全体像を把握するというのも一つの手じゃぞ。参考にしてみてほしい。

金利は単利?複利?知っているだけでためになるカードローン

貸金業者からお金を借りる場合、必ず金利というものがついてきます。例えば実質年利18%の貸金業者から10万円借りたとすれば18000円の利息が付くことになります。

ここで金利は単利?複利?なのかで払う金額が全く変わってくる現象が起きます。

この現象を知らないでいると非常に損をしたことになりますので、貸金業者からお金を借りる場合は必ず知識を持つようにしましょう。

単利というのは実質年利18%を10万円借りた場合、利息が18000円になります。

複利というのは実質年利18%を10万借りた利息18000円を借りた金額10万円に上乗せし、11万8000円で年利18%を計算します。

どちらがお得かといえば当然単利の方になります。

貸金業者の多くは単利のように見せかけていて、実は複利計算で利息を計算しているところが非常に多いです。

しかし実質借りている側がきちんと返済しルールを守っている限り貸金業者が単利なのか?複利なのか?というのは金額として大きく現れにくいのも特徴です。

複利計算の金額を顕著に受ける人というと延滞をしている人、返済をきちんとしていない人になります。

毎月一回訪れる返済日に指定された金額を払わない人は、雪だるま式に返済額が増えていくことになります。

返済する際は元金と利子の合計金額を振り込みますので、元金を払わないということは利子も増えていることを意味しますので複利計算の恩恵を顕著に受けることになるでしょう。

貸金業者で単利を採用している会社はないと言っていいほど多くの貸金業者が複利です。貸金業者は金利で儲けているので、巧妙に金利でお金を取っています。

よってカードローンを利用すればするほど、借りた金額に金利が付きその総額で金利を計算した金額で払わなければならないということを念頭に置いて借りるようにすれば、借金を思い留まるかもしれません。

金利を甘く見ていると痛い目にあいますので、なるべく金利が安いところで借りるようにするのが賢いキャッシングの仕方です。

【参考ページはこちら】
カードローンで100万借りた時の金利はどうなる?