証書貸付とカードローンの違いってどんな感じなんですか?

お金を借りたいと思っているんですけど、いまいちまだよくわかっていなくて教えて欲しいのですが…、「証書貸付」と、「カードローン」って、一体どのように違うのでしょうか?

まったくわからないので、どんな感じなのか、かんたんに教えていただけないでしょうか?

証書貸付に比べてカードローンは自由度が高いのが特徴です

なるほど、証書貸付と、カードローンの違いについて知りたいのじゃな。

同じ「借り入れ」、お金を借りるという点においてこの二つは同じようなものじゃが、その中身は全く違うものじゃ。

証書貸付は、いつまでにいくら返済すると決めて、毎月決まった金額を返済していくといったものじゃ。

住宅ローンやマイカーローンなどがそうじゃ。クレジットカードの支払いと考えるとわかりやすいじゃろうか?

あれはカード決済するときに、「何回払いか」を決めるじゃろう。そういったタイプの借り入れのことをいうのじゃ。

それに比べてカードローンは、借り入れができる枠を与えられ、その中で自由に借り入れと返済ができるというものじゃ。

利用可能な枠のことを借入限度額、または極度額などと言う。

例えば、限度額が50万円として20万円を借りた場合は、あと30万円をいつでも借りることができるんじゃ。

そして、返済をしていった分はその都度利用可能額に補填され、再び借り入れができるようになる。

20万円のうち10万円を返済すると、40万円の借り入れができるようになるということじゃな。証書貸付に比べて、自由度が高いのがカードローンの特徴じゃな。

以上が、証書貸付とカードローンの大まかな違いじゃ。もちろん、どちらにもメリットはあり、その意味合いはまったく違っている。

しかし、お金を借りるという点において、「信用」というものが非常に重要になるということは頭に入れておく必要があるじゃろう。

どちらを利用してお金を借りた場合でも、きちんと返済をしていかなければならないのは同じなのじゃ。

カードローンであっても返済をきちんとこなさなければ、信用情報に傷が付き、住宅ローンを組む際の障害となってしまうこともあるのじゃ。

逆に、住宅ロ-ンやマイカーローンを利用していて返済を怠っていた場合、カードローン審査においても厳しい評価を受けることになる。

審査に落とされてしまい、いざという時に利用できなく、困るといったことが考えられる。

したがって、お金を借りる場合は、きちんと返済計画をたてて、しっかりと返済をしていかなければならないということじゃな。

決して、お金を借りること自体は悪いことではないのじゃ。どのような企業でも、銀行からの借り入れは事業を展開する上では必ず行われることじゃ。

カードローンを利用した経歴が、きちんと返済し築いてきた信用が、住宅ローンの審査の時に役に立つことだってある。信用を保ちつづけるということが最も重要なのじゃ。

【参考ページはこちら】
カードローンとキャッシングの違いは?

証書貸付とカードローンの違いとはなんなのか

証書貸付とは一つの契約証書に基づき、金利や返済方法を決めて一度だけ融資するものをいいます。

資金使途などによって金利が変わってきます。支払方法は元利均等返済方式が一般的です。

一般的にはフリーローンと目的ローンとに分類されることが多いです。

カードローンは極度額を決めて契約すると、その枠内で一回一回申込や契約書などを作らず自由に借りることができます。資金使途は問われないことがほとんどです。

発行されたカードでATMやCDと呼ばれる現金自動貸出機で簡単に借りることができます。

限度額は比較的少額で、金利も証書貸付よりも高めに設定されています。毎月の支払方法は、大体毎月一定のコースでのいわゆるリボルビング方式による支払いになります。

この2つの違いは証書貸付が1度だけ借りるということに対し、カードローンは決まった金額内であれば何度でも借りることができるということです。

また返済も毎月決まった金額を返していく証書貸付に対し、カードローンは余裕がある時であれば少し多めに返済することも可能です。

これらのどちらを選んだらいいか迷ってしまうという場合もありますが、何か決まったもののために融資を受けたいという場合は証書貸付、いざという時に何度でも借りられたらいいなという方はカードローンを利用するのがおすすめです。

いずれの場合もお金を借りるということですから返済が待っています。必要以上のお金を借りないようにしておくのがベストです。

特にカードローンの場合は限度額は決まっているとはいえ、気軽に何度でも借りられることからつい必要ないお金まで借りてしまうということがありますので注意しておくといいです。

各サイトに返済シミュレーションが設置されてることがありますので、申込をする前にやってみるのが良いです。

これによって借り過ぎを防止できることがあるからです。融資してもらう時には担保や保証人が必要ない場合も多いので自分の責任で借りるようにしましょう。