総量規制対象外のカードローンは審査が厳しいって本当?

カードローンについて興味を持ち始めて、いつも利用している友人に話を聞かせてもらっています。

その話によると、カードローンには総量規制というものがあって、それが対象外になっているものは審査が厳しいから、収入が少ないと審査に通るのは難しいというようなことでした。

これって本当なのでしょうか?そもそも総量規制って、どのカードローンにも適用されるものではないのでしょうか?

総量規制対象外の銀行カードローンはやや審査が厳しい傾向です

なるほど、カードローンの総量規制と、それに関係する審査の基準などについて知りたいのじゃな。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってる?

友人の話というのは、概ね合っておるぞ。総量規制対象外のカードローンは、審査に厳しい傾向にある。

これは、貸金業法の対象外であるとも言える。主に、銀行が運営しているカードローンのことじゃな。

まず、総量規制がどんなものかを説明しよう。これは、「貸金業法」という法律の中に含まれる条文の一つじゃ。

これには、「年収の三分の一以上の借り入れがある場合、新たに借り入れができない」と明示されておる。

この法律が適用されるカードローンは、主に消費者金融が運営するものになる。

銀行カードローンは、「銀行法」の対象となり、貸金業法の影響は受けない。また、銀行法には総量規制に相当する条文は存在しないのじゃ。

借り入れ可能な金額が、自身の年収によって制限されてしまうため、消費者金融カードローンの方がやや不利だというのはわかると思う。

そして、消費者金融側は少額しか貸し付けることができないため、利益が出にくい。そのため、適用利率を高くせざるを得ないのじゃ。

銀行カードローンの方が、より多くの貸し付けを行うことができるため、利率が低いと、こういった関係になっておるんじゃ。

消費者金融の審査はその分、比較的審査が甘くされており、まさに広く浅く、顧客を獲得していく運営となっている。

こういった理由から、「総量規制対象外のカードローンは、審査が厳しい」ということになったのじゃろうと思われる。

総量規制対象外となるのは、銀行カードローンじゃ。

これを覚えておくと、カードローン選びで少し参考になるじゃろう。「適用利率が低いな」と感じた時は、銀行カードローンである場合がほとんどじゃ。

カード会社名で検索すると、どちらか説明されている。わからない場合は、チェックしてみると良いじゃろう。

審査が厳しいとはいえ、よくわかりにくいかもしれん。ただ言えることは、安定した収入が、一定期間は確実に求められるということじゃ。

一年ないし二年間、同職場に勤務していることが条件としている銀行カードローンもある。

もちろん、条件が明示されていないところも多いが、目安にはなるじゃろう。

職場を転々としていたり、個人営業で経営の安定性が見込めなかったり、パート・アルバイトで所得が低かったりといった場合は、審査に通るのは厳しいかもしれん。
(⇒入社したてでもカードローン申込める?

チャレンジするにも、駄目でもともとの覚悟が必要じゃろう。

総量規制対象外のカードローンは専業主婦でも審査に通りやすい

子供の学校行事や冠婚葬祭など、家庭を持つと大きな出費が出るときが多くなります。

貯金を切り崩せば問題はないけど、貯金はもしもの時や家族旅行などのためにとっておきたいと考えている方も多いです。その際に便利なのがキャッシングや銀行系のカードローンです。

最近ではクレジットカードにキャッシング枠がついているものもあり、身近なものになっています。

最近ではパートやアルバイト、契約社員、学生でも少額であっても借り入れさせてもらえる消費者金融が増えています。

その条件は少額でも定期的に安定した収入があるということです。2006年に総量規制という法律ができました。

この法律は消費者金融で借り入れを行う際、年収の1/3以上の借り入れはできないというものです。

そのため、学生でもアルバイトなどをしてなかったり、専業主婦の方は借り入れをしたくてもできません。そんな方にぴったりなのが銀行系のカードローンです。
(⇒専業主婦でも持てるカードローンもある?

なぜなら銀行系のカードローンは銀行法に基づいて発行されているので、総量規制対象外です。審査の場合、年収など聞かれますが、総量規制とは関係ありません。

無理な返済プランでもなく月々4000円から5000円程度の返済でいいので、無理なく返済可能です。

審査もインターネットで申し込みができるので、夜でも申し込むことができます。

審査などは銀行の営業時間内でかかってくるので、電話ができるタイミングを作っておくとよいです。

だいたい、申し込んで1時間以内には電話がかかってきます。年収や勤務歴、家族構成などを聞かれます。重要なのは他の会社で借り入れがされているかです。

していても問題はありませんが、借入金額や利用会社が多いと審査に通らない可能性もあります。

その内容を第三者機関で正しい内容であるかをチェックします。

情報に間違えがなければ審査は通過、あとはローン会社に身分証などの必要な提出物をFAXで送るだけです。

もし銀行の指定時間内に手続きできれば、夕方には融資が入金されています。

【参考ページはこちら】
主婦や無職の人でも即日融資は受けられる?