カードローンって審査で就職先に連絡があるって本当ですか!

カードローンの申し込みをしようかなーと考えていたのですが、先日友人に相談したところ、就職先に電話連絡があることがあると言われました。

これって本当なのでしょうか!

私はまだ就職したてで、会社の人たちとの人間関係も築けていなく、そのような状態でカードローンの審査っていう自分勝手な理由で迷惑をかけたくありません…。

なるべくなら、そういったことがなくて済むようなものにしようかなとおもうのですが、どうでしょうか…?

カードローンの中には会社への電話連絡が省略される物もあります

なるほど、カードローンの審査を受けたいという気持ちはあるが、会社へ電話連絡が行くことに対して気が引けるというのじゃな。

それはわからなくもない、まだ会社に馴染めていない時期は特に、周囲に気を遣うじゃろう。会社への電話連絡が行われることは在籍確認と言われている。(こちらもご参考に→カードローンの在籍確認についてもっと詳しく

この在籍確認では、電話がカードローンからのものとはわからないようにしてくれるものが多いが、たとえどのような電話であっても、自分宛の電話がかかってきたら、気を遣ってしまうじゃろうな。

それならば、電話連絡が行われにくいものを選ぶとよいじゃろう。

カードローンの中には、申し込む条件によっては、審査条件も変わってくるものがある。

たとえばあるカードローンでは、限度額30万円までであれば、少ない審査項目だけで済むというものがある。

50万円や100万円までなら、収入証明書の提出が不要になるといったものもあるのじゃ。

こういった条件がついているもので、審査が易しめなほうだと思えるものを選ぶことで、会社への在籍確認を回避できる可能性が高くなるじゃろう。

あるいは、比較的審査が甘いと言われている消費者金融カードローンの中で選ぶというのも効果的じゃ。(こちらもご参考に→審査が甘いカードローン情報

これらの中には、在籍確認が省略されるものも少なくない。その上、申し込む条件(希望借入限度額)を低めにしておくと、なおよい。

条件付きであれば、在籍確認が完全に免除されるというものもある。これらの条件が揃ってさえいれば、利用できる可能性がある。

例えば、直近の給料明細書や、会社の保険証を提示することで代返とできるもの。

申し込みの方法として、WEB完結のものを利用できる条件が揃っていれば、免除されるものなどがあるようじゃ。

これらのいずれかを利用する場合だとしても、「会社への在籍確認を免除して欲しい」という意思表示はする必要がある。

窓口や電話での問い合わせフォームにて、これらが通るかどうかを確認しておこう。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認を避けるのは無理?

就職先を決めてカードローンの利用を考えてみる

学生は卒業して仕事を始める場合が多くなりますし、就職先が見つかると安心出来て将来への希望も持てます。

収入が上昇して行けばお金の選択肢が広がり投資も行えて、将来に向かって家族のあり方も考える事が出来るのです。

カードローンは収入やそれ以外にも選択肢を広げられる利便性があり、仕事をしている事で利用出来る便利な存在です。

新しく就職先を決めてこれから始めて行く場合にも利用が考えられ、お金の自由度が上昇します。(こちらもご参考に→就職したばかりでもカードローン使える?

転職や就職先が決まった段階ではカードローンの利用はまだ早く、収入が得られる様になり安定した頃がカードローンの開始に適しています。

収入源の安定した確保と信頼の構築が客観的に金融業者にも重要で、書類上の情報に限られず利用者の信用を認める要素にもなるのです。

就職先が大手の企業に決まっても実際に就職が行われたのでなければ、仕事をしているとは認められず収入も確認されないのです。

カードローンの利便性を手に入れる事は信用を持っている事でもありますし、その為の条件として収入を得ている事と仕事の安定性が欠かせないと言えます。

将来への計画は時間をかけた設計が大切で収入の上昇や思い掛けない出費もありますから、安定と安心を確保する事でもカードローンの利用に繋がるのです。

無職より信用されブラックと比べてみればサービスの利用は格段に可能性が違い、就職が順調に行われれば金融業者の審査を通る事は時間の問題になります。

トラブルを起こさない事は金融業者のサービスを利用する最中に限られませんし、それ以前の行いも日常での信頼関係に結び付き困った時に影響が与えられるのです。

本当に頼りになるのは信頼出来る相手で信用が積み重ねられている事ですから、特にお金の問題は強い効果を発揮して解決に役立ちます。

社会人であれば可能な限り自分で問題を解決する事やお金の計画を考える事が求められるので、就職先が決まったからと安心せず計画的な利用が大切です。