銀行カードローンとサラ金の違いを簡単に教えてよ!

カードローンってあるよね。お金を借りたいと思ってるんだけど、サラ金と銀行のカードローンってどう違うのさ?

今は消費者金融って言われてるのかね?銀行のほうが信頼できそうなもんだけど、どうなの?簡単に違いを教えてくれないかな!

銀行カードローンとサラ金の最大の違いは基づく法律です

なるほど、銀行カードローンとサラ金との違いを知りたいのじゃな。

これらの最大の違いとは、運営の上で基づいている法律が違うということじゃな。

細かい違いはそれぞれあれども、これが最も大きな違いと言って良いじゃろう。

前者は「銀行法」に基づいて運営しているのに対し、後者は「貸金業法」に基づいて運営しているのじゃ。

「総量規制」という言葉を一度は耳にしたことがないじゃろうか?

これは平たく言うと、借入可能な金額が「年収の3分の1に制限される」というものじゃ。これは実は全てのカードローンに当てはまるものではない。

この総量規制の条文が含まれているのは、「貸金業法」じゃ。つまりは、サラ金、消費者金融のほうということになるな。

銀行法にはこれと同類の条文は含まれていない。従って、年収によって借入限度額を制限されることがないのじゃ。

このことだけを考えると、銀行カードローンが有利なのがわかると思うがいかがじゃろうか。

そのことわかった上で、その他の差異を見ていこう。その次に大きな違いは、「借入利率の違い」と言えるのじゃなかろうか。

同じ金額を借入れたとしても、利息の発生率が違うというのは、どうしても気になることじゃろう。

これも、銀行カードローンのほうが断然有利な場合がほとんどじゃ。

借入利率が消費者金融の場合は、利息制限法に定められた上限利率ギリギリである場合が多いが、銀行カードローンはそれらよりも数%低い場合がほとんどじゃな。

多くの借り入れをしたい場合には、その差が大きく出てくるため、優劣の差が顕著に現れる。

ただし、審査の厳しさという面で考えれば、消費者金融のほうが甘い場合が多く、低所得者にとって利用しやすいのはこちらのほうじゃな。

銀行カードローンは確かにメリットが大きいかもしれんが、審査に通らず、使えなければ何の意味もない。それに比べて消費者金融は利用可能な人の幅が広い。

そのことで助けられたという人も多いじゃろう。銀行カードローンに通らない場合は、こちらに審査を申し込むと良いじゃろう。

いかがじゃろうか?銀行カードローンとサラ金(消費者金融)の違いを並べて挙げてみたが、どのように感じたじゃろうか。
(⇒カードローンとキャッシングの違いは?

安定した収入が有り、審査に通る自信があるという場合は、前者を受けて見るのもよいじゃろう。

落とされるリスクを考えると、後者でもよいと考える場合は、そちらを選択すればよい。自身の状況と判断によって、選択するとよいじゃろう。

銀行カードローンとサラ金の違いと法律について

銀行カードローンとサラ金の違いはどのような違いが有るかなのですが、カードローンと言うのは、個人向けローンの一つで、審査を受ける事で返済能力や借金の有無、職業の雇用形態、そして信頼性などにより利用限度が定められ、利用限度額の範囲の中で繰り返しお金を借りる事が出来る便利なローンです。

また、サラ金と言うのはサラリーマン金融を略した言い方をする金融業者であり、現在ではあまりサラ金と言う呼び名で呼ばれることは少なく、消費者金融と言う言い方をするケースが多いのが特徴です。

銀行カードローンとサラ金の大きな違いの一つに法律が有ります。

銀行と言うのは、銀行法と呼ばれる法律に基づいて運営を行なっている金融機関で、サラ金でもある消費者金融は貸金業法と呼ばれる法律に基づいて運営を行なっていると言った違いが有るのです。

貸金業法は、貸金業者に対する法律で、サラ金を初め信販会社のクレジットカードのキャッシング枠などがこの法律が適用されるのが特徴です。

貸金業法が適用される業者と言うのは、総量規制が適用されるのが特徴で、総量規制は貸し付けを行う際に、申し込み者の年収の3分の1以内での貸付を行う事が必要とされるのです。

そのため、銀行カードローンとは異なり、年収の3分の1を超えるカードローンの利用が出来ない事になるのです。

その点、銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外となることからも、勤続年数や年収などの審査を受ける事で年収の3分の1を超える融資を受ける事が出来ると言う違いがあるのです。

因みに、サラ金の中には専業主婦の人でも利用できるカードローンを用意している業者が有りますが、これは総量規制の例外貸付として認められているもので、本来収入が無い専業主婦の人でも配偶者の収入を審査の対象として一定額の融資を受ける事が出来るようになっているのです。

また、銀行の場合も専業主婦の人が利用できるカードローンを用意している金融機関も有りますが、これについては総量規制の例外貸付とは別に、配偶者の年収を審査の対象として融資を受ける事が出来ると言う違いが有るのです。

【参考ページはこちら】
カードローンとクレジットの違いとは?