電話不要なカードローンがあったら教えて欲しいです!

僕は、いわゆる「コミュ障」です。人と話すのが苦手なんです。

最近、カードローンに申し込みをしてみようかなと思ったのですが、この申し込みで、電話などで人と話さなきゃならないのが怖くて手を出せずにいるんですよ。

窓口に行って申し込みをするなんてのは考えてもいません。

インターネットからも申し込みができるものもあると聞いているのですが、これを利用すれば、電話などしなくても契約って完了できるのでしょうか?最適な方法があれば教えて欲しいんですが…。

インターネット完結タイプの申し込みもあります

そうですか、ご自身でおっしゃるくらいのコミュ障なのですね。ご安心ください、電話などしなくても契約が完了するカードローンというものは、存在しています。

特に最近では、インターネット周りが非常に発展してきており、これを利用した申し込み方法でも、完結できるタイプのものが増えています。どのようなものがあるか、ご紹介していきましょう。

WEB完結できるカードローンは、意外と、審査が厳しいという傾向のある銀行系カードローンに多いのです。

その銀行の普通預金口座を持っていれば、可能。といったものや、30万円までならインターネット上の申し込みのみで利用可能。といったようなものもあるのです。

消費者金融の中にももちろんそういったものはあります。条件があるものもありますが、中でもユニークなのは、「スマートフォンのアプリケーションを利用して申し込みができる」というものです。

これは、アプリに提示される指示に従って入力していけば、カードローンの申し込みができるのです。

本人確認に必要な書類としての写真は、その場でスマートフォンのカメラ機能を使って撮影し、添付するだけでよいのです。これならば、電話連絡などをする必要がありません。

あとは、無人契約機を使った申し込みです。

これは、銀行や消費者金融の店舗やATMコーナーなどに設置されている無人契約機を利用するのですが、これは非常に申し込みがスピーディーになります。

受付窓口に行く必要もありません。

ホームページ上に、この無人契約機での申し込みに必要な確認事項が記載されらプリントをダウンロードできます。

これを印刷し、あらかじめ項目を記入していくことで、さらに申し込みがスムーズになるんです。最もはやいものだと、その場でカードを受け取ることができます。

いかがですか?これらの中に、やってみてもよさそうなものは、ありましたでしょうか?

もし、普通預金口座をお持ちでしたら、それに関連する銀行カードローンや、消費者金融を優先して調べてみるというのも良いかもしれません。

カード会社のホームページに詳しい申し込み方法などが書かれているので、しっかりチェックしておきましょう。

【参考ページはこちら】
どうしても通りたい時のカードローンの選び方

電話不要カードローンのサービス内容を調べよう

カードローンの申し込み方法も今はさらに便利になり、来店しなくてもインターネットから手軽に手続きができるようになりました。

とはいえ、やはり利用前には審査があり、審査にクリアした人だけが利用できます。そして審査では電話が必要になる場合もあります。

まず、申し込みの際には自宅に申し込み内容の確認の電話があったり、職場に在籍確認目的で電話がかかることがほとんどです。

在籍確認は記入されている職場にその人が本当に在籍しているかを調べる目的で行われています。

自宅や職場に電話がかかる場合でも、金融業者とわからないよう配慮してもらえることがほとんどで、家族や勤務先に借入をしていると知られる心配はほとんどないと言えます。

それゆえに安心して電話に出られるようになっていますが、やはり電話には抵抗があると
いうことは少なくありません。

電話があることに抵抗がある場合は電話不要カードローンの利用も検討してみましょう。

在籍確認は大切な審査ですので、この審査は必ずといって良いほど行われていますが、業者によっては、電話のかわりに、より多くの書類を提出することで、在籍確認としてくれる場合もあります。

業者によって対応には違いがありますので、申し込みの際には条件や審査方法はよく確認しておきましょう。

WEB完結で申し込みができる場合は、電話連絡や郵送物なしに手続きができることが多くなっています。

用意する書類や利用できる条件はよく確認しておきましょう。わからないことがあれば、事前で電話相談などを利用すると教えてもらうことができます。

電話不要カードローンの場合は、より多くの書類の用意が必要となりますが、その書類の提出も郵送だけではなく、ファックスやアップロードで対応できることも多くなっています。

やや書類の用意には手間がかかる場合もありますが、電話連絡のストレスを感じたくない、ほかの人に借入を知られたくないという場合はこうしたサービスを活用してみるのも良いでしょう。