カードローンの審査が通る人の基準ってどこにあるのよ?

わたし、カードローンを使ってみたいんだけど、これって、誰が決めるの?審査があるみたいだけど、この審査に通る人の基準って、どこらへんにあるのか教えてくんないかな?参考にしたいのよね。

だって、審査をわざわざ受けるのって面倒だし、どうせなら一発OK!で済ませたいじゃない?それに、こうじゃなきゃ通らないって知らないで落とされるなんて嫌ですから。

カードローン審査に通りやすいのは安定した収入がある人です

なるほど、カードローンを利用したいために、審査に通るのはどういった人かを知りたいのじゃな。事情はわかったぞ。

ではまず、最も簡単に言おう。「カードローンの審査に通りやすい保は、安定した収入が認められる人」じゃ。これに尽きる。

どういうことか、なんとなく想像はできるじゃろうが、詳しく説明していこう。

まず一つ目に考えられるのは、「年収」じゃな。これは最もわかりやすく、想像しやすいものじゃろう。

これは、単に多ければ良い、というものではない。長いあいだ、年収が一定であるほうが、信頼度が高いと判断される。

また、「総量規制」というものもある。これによると、消費者金融の中では借入限度額は年収の三分の一以上はどうしても上げられないこととなっている。もちろん、高いに越したことはない。

次は、その収入が、将来に渡って得続けることが可能かどうかがポイントになる。

これは、会社自体の社会的信用という風に見ることもできる。先にも言ったとおり、長いあいだ年数が一定であるほうが有利となる。

公務員などは最も安定しているという保証が高く、大企業であるほど、同じことが言える。

逆に、流行の影響を受けやすい職業などは、不利となってしまう。自営業、飲食業などは、後者にあたる。まして職業を転々としているような場合は、非常に評価が下がってしまう。(こちらもご参考に→カードローンを利用できる職業とは

したがって、カードローンの審査に通りたい場合は、同じ会社で長いあいだ働くのが一番ということじゃな。

信用を積み上げるには、膨大な時間と労力が必要じゃ。一朝一夕では積み上げられるものではない。

それと、他社からの借り入れがないということも重要じゃ。

他のカードローンと既に契約ができており、借り入れが行われているような場合は、非常に不利じゃ。カード会社は、多重債務者はなるべく抱えたくないと考えるのが一般的じゃ。

完済してオールクリアーにしてからでないと、新規申し込みができないというものもあるくらいじゃ。

そこまではっきりはしていなくとも、多少なりとも、審査に影響はあるじゃろう。

どうじゃろうか?自身はこれに当てはまりそうだという自信はもてそうじゃろうか?自身の収入などを考え、利用出来そうなカードローンを選ぶとよいじゃろう。

【参考ページはこちら】
カードローンの予備審査に通った後は?

審査が通る確率が高いおすすめのカードローン

手軽に融資が受けられる方法として、社会に定着しているサービスに金融業者のカードローンがあります。

それぞれの金融業者が行っているカードローンのサービスは、豊富に設置されているATMを使って借り入れや返済ができるものや、申し込んでからすぐに融資が受けられるサービスなど様々な利便性の面で向上されていますので、使いやすいものとなっていておすすめです。

カードローンの申し込みを行うと、金融業者によって審査が行われて申し込み者が返済することが可能かどうかのチェックされることになります。

カードローンのサービスを行っている金融業者ごとによって審査の難易度は変わってきますので、審査が通る確率の高い金融業者を選んで申し込みをすることが簡単に融資を受けるためのポイントと言えるでしょう。

審査が通る確率の高い消費者金融業者として、おすすめしたい会社はアコムです。

アコムは業界の中でナンバーワンの融資率となっていて、多くの人が借り入れしている消費者金融業者です。

アコムの申し込みは、20歳以上の人から69歳の人までが借り入れることができますので、若い人でもお年寄りでも融資を受けることができます。

アコムでは一定の収入を得ている人であれば審査が通る条件になっていますので、職業の形態は関係ありません。

自営業者や派遣社員などの非正規労働者の人であっても、アコムのカードローンを利用して融資を受けることが可能です。(こちらもご参考に→自営業者や主婦はカードローン申込めない?

アコムの審査は結果が出るまでに必要な時間は、最短のケースであれば30分程度となっていますので、申し込みをしてから即日で融資を受けることができます。

素早く融資を受けるためにはインターネット上で申し込みを行ってから、自動契約機に行ってカードを受け取る方法がすぐに資金を得られる方法と言えます。

借り入れ契約には運転免許証などの身分証明書が必要になりますので、忘れずに持参するようにしましょう。

給与明細書などの収入証明書を提出することで、在籍確認を省くことができるので借り入れしやすいサービスとして人気です。