ブラック入りしているとカードローン審査には通らないの?

僕、カードローンを以前に利用していて、一度ブラック入りしてしまったことがあります。

こんな僕では、他のカードローンの審査には一切通らないのでしょうか?

カードローンってとっても便利なんで、是非ともまた利用できるようにしたいんですよね。

ですから、もしほとんどのカードローンがダメだとしても、審査に通る可能性があるところなどありましたら、教えていただけませんでしょうか。

最もよい方法をご教授いただけると嬉しいです。

延滞情報の載っていないカード会社に申し込むしかありません

ほうほう、カードローンのブラックリストに登録されてしまったのじゃな。

事情はわかったぞ、では、カードローンが利用できる可能性があるカード会社について、順を追って話していこう。

まず大前提となるのは、ブラックに登録されたカード会社が、どこの「信用情報機関」に加盟しているかを知っておかなければならないということじゃ。

まず、信用情報機関が何かを知っておるじゃろうか?

これは、カードローンを運営している会社が必ずカメ視しているもので、利用者の情報を共有するために設置されている。たとえば申し込みをした時の情報。

これも、実はリアルタイムで共有されているのじゃ。だれが、いつ、どこで申し込みをしたのかがすぐにわかる。

これによって、複数同時申し込みをしているかどうかをチェックできる。ここで引っかかってしまうことを、俗に「申し込みブラック」などとも言う。

なぜこのようなものが存在しているのかというと、あらゆる金融事故を未然に防ぐためじゃ。

滞納をする者がいれば、その人の信用情報に「延滞」と記入する。これが共有されることで、ブラックリストの仲間入りとなってしまうのじゃ。

延滞表記のある利用者からの申し込みは、取らないほうがよいと判断されるからな。

信用情報機関は、ひとつではない。カード会社はそれぞれ複数の信用情報機関に加盟している。

ということはつまり、ブラック登録されてしまったカード会社が加盟している機関がわかれば、審査に通る可能性があるカード会社が見えるというわけじゃ。
(⇒確実にカードローン審査に通るためには?

カード会社に問い合わせをして、指定信用情報機関がどこになっているかを確認しよう。

もし、そのカード会社が指定している機関が、ブラック登録されていないところのみだった場合に、審査に通る可能性がある、ということがわかる。

非常に手間がかかる作業になってしまうかもしれんが、これが最も有効な手段じゃろう。

ただし、間違っても、無条件貸し付けをおこなっている業者とは、契約をしてはならんぞ。気を付けよう。

ブラックがカードローン審査を通過できないのはなぜ?

現代では非常に多くの人がカードローンを使用するようになっており、事業者も様々な消費者に対して融資をするようになっています。

特に「消費者金融」と呼ばれるような事業者は、貸金業法の総量規制によって貸し付けの金額が大きく減少することとなりましたので、より多くの消費者に貸し付けをするための競争が行われるようになりました。

そうした中では消費者にとっても「業者を比較して選ぶことができる」という状況ができてきたわけですが、こうした「選ぶ」ということは審査に通過しなくてはできません。

審査では消費者の信用がチェックされることとなり、そのチェックの結果によっては融資を断られるということもあり得ます。

特に融資を断られやすいのが「ブラック」と呼ばれるような状態の人ですが、それではなぜこうした人は融資をしてもらえなくなるのでしょうか。

その理由として確認するべきとなるのが「そもそもブラックとは何か」ということです。

これは金融業者の中で使われている用語ではなく、消費者の中で発生し、普及してきた言葉です。

基本的にはキャッシングやカードローンを利用している間に滞納や債務整理を行ってしまい、融資をしてもらえなくなっているという人がブラックと呼ばれます。

こうした「滞納や債務整理」については、金融業者の中では「金融事故」と呼ばれているのですが、金融事故はしっかりと収支バランスを考え、借り入れと返済を管理することができている人なのであればそうそう発生させるものではありません。

特に近年では、総量規制によって消費者一人当たりに貸し付けられる金額にも強い制限がかかっているわけですから、そうした金融事故を起こした人へ融資をしてしまい、また金融事故を起こされてしまったのであれば事業者にとっての収入減につながります。

もちろん金融事故を起こした消費者からすれば「今後はしっかりと注意する」というように考えるものですから、実際にはそれほど金融事故を連続して発生させないという人が多いのも事実です。

しかし現代の金融業界では、それぞれの業者もかつてより厳しい状況におかれることが多くなっているため、「より安定した消費者に優先して融資したい」という意図があるのです。

こうした事情があるため、ブラックとなった人はカードローン審査を通過することが極端に困難になってしまうのです。

【参考ページはこちら】
カードローン審査は無職でも通れるの?