カードローン返済が遅れるとブラックになるのってどういうこと?

カードローンを使えるようになりたくてさ、いろいろと調べようと思ってるんだけど、よく耳にする「ブラックリスト」って一体なんなのよ?

返済が遅れるとブラックになるっていうのは、どういうこと?具体的に、どんなデメリットがあるかも、一緒に教えてくれよ!

ブラックとは信用情報機関にマイナス情報を書き込まれた状態です

なるほど、カードローンのブラックについて知りたいのですね!それでは、ひとつずつお話します。

まず、この話をする上で前提として知っておいていただきたい、「信用情報機関」についてはご存知でしょうか?

これは、カード会社がそれぞれ情報を共有するために加盟している機関のことを言います。

この機関によって、カード会社は、どのような人が、いつ、どこに申し込みをしたか、という情報や、どのようにカードローンを利用したかといった情報を共有するのです。

これは、返済遅れや、未納、多重債務による自己破産といった金融事故を未然に防ぐために用いられています。

ここで情報を共有することによって、他社借り入れをしている人のことを知ることができますし、申し込みの段階で申請者が嘘を言っているかどうかもわかります。

また、延滞を繰り返している人のこともわかりますから、そういった、カード会社から見てあまり信用が置けないという人は、審査で落とせるようになっているんですね。

ここまで説明すると、なんとなくイメージがつきますでしょうか?

ブラックリストに載る、ということは、この信用情報機関に、「延滞」などといったマイナス情報を、登録されてしまうことを指すんです。

ここで延滞と書かれてしまっては、その情報を閲覧することができる全てのカード会社は、その人に対して同様の評価をすることになります。

貸し付けはできない、と一社から決められてしまうと、多くのカード会社からも同様に貸し付けはしてもらえない状態になってしまうということですね。

これは、カードローンだけでなく、自動車ローンや、住宅ローンを組む時の審査にも影響する可能性がありますから、甘く見ていてはいけません。

具体的には、三回ほど、約定返済を落としてしまうとブラックになってしまうことが多いようです。連続三回ではなく、累計です。

ですから、決められた返済日はきちんと守って、確実に返済していくということを頭に入れておいたほうがいいですね!

つい忘れてしまいそうだという人は、自動引き落としのできるものにして、約低返済日を給料日後にできるものにしておくと、そういった事故は防げるかと思います。

メールで、返済日を通知してくれるサービスを行っているカードローンもあるので、そういったシステムを利用するのも、非常に有効な手段です。

しっかりと返済計画を立てるのもそうですが、こういったシステムを使って、金融事故が起こらないように工夫する方法もあるんです。

いかがでしょうか?なんとなく、ご理解いただけましたでしょうか。ブラックになってしまうと、非常にデメリットが多いです。

社会的な信用を失ってしまうのと同じなんです。ですから、きちんと返済できるように工夫して、上手にカードローンを利用しましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンに関する様々なQ&Aはこちら

カードローン返済が遅れるとブラックになる

カードローンでお金を借りた場合には、借りたお金を約定された期日に返済していくことが必要になります。

毎月契約により決められた金額のお金をコンビニのATMや、銀行から振り込んだりする方法で返済しますが、中には借りたお金を返済できないという人も存在します。

こうした場合には元本と利息の合計額が未払いの状態となるので、その分余計に利息がかかることになります。

契約の当初には支払わなくても良かった利子を支払わなければいけなくなるため、結局遅らせずにお金を返済した方が借りる人にとっても有利になります。

お金を返済できない場合にはそうした利子以外でも借りる人にとって不利になることがあります。

それはカードローン返済が遅れるとブラックになると言われていることです。

これはより正確に言うと返済が遅れた場合には、その人物は返済をしっかりとしてもらえない要注意の人物として、お金を借りる会社のブラックリストに掲載されてしまうということを意味しています。

このようなブラックリストに一度掲載されてしまうと、安定した収入がある人でもお金を借りることができなくなると言われています。

ですがこうしたブラックリストというものは存在していないというのが正確なところです。

その一方で返済が遅れたような場合にはお金を借りる契約がしにくくなるというのも事実になっています。

ブラックリストが存在しないのに、お金を借りる契約がしにくくなるのには理由があります。

それは消費者金融などがお金を貸す契約をするときに参考にしている個人信用情報というものがあるからです。

個人信用情報にはその人の名前や勤め先などの他にも、その人がお金を借りた場合にはどこのお店でお金を借りたのかということや、いつお金を借りたのかというような情報も記載されています。

また借りたお金を返済できなかったという場合には、その情報も記載されるのでそうしたことを消費者金融などは判断の材料としています。

ですから計画的にお金を借りることが大切になります。