銀行カードローン3枚保有で新規カードローン審査通るのは無理?

30代の男性会社員です。現在、銀行カードローン3枚保有しています。さらにもう1枚、今度は消費者金融のカードローンを持っておきたいと思うので、新規に申し込もうと考えています。

ところで銀行カードローン3枚保有している状態で新規申し込みのカードローン審査に通るのは可能なのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

4枚目のカードローン審査は厳しいと思います

わかりました。質問に答えましょう。以前のカードローン審査では何枚カードローンを所有していても新規申し込みのカードローンの審査には影響しなかったようです。

しかし、平成22年の貸金業法の改正と総量規制の導入による利用者の借り過ぎを防止するとの法的見地から、所有しているカードローンの枚数が新規申し込みのカードローン審査に大きく影響するようになったと言って良いのです。

それは所有しているカードローンの利用の有無にかかわらず、たくさんのカードローンを所有しているとの事実だけでカードローン審査に影響してしまうのです。

「実際に利用していなければ問題は無いだろう…」と都合よく考えてしまうものですが、カードローン会社側としては所有しているカードローンは各々の限度額を一杯に利用したと仮定してカードローン審査を行うのです。

なぜなら、カードローンを所有している限り、現在は利用していなくても将来的に利用する可能性が否めないからなんです。それゆえ、新規カードローン審査では「所有している銀行カードローン3枚は利用アリ!」として審査されると考えた方が良いと思いますよ。

また、所有している銀行カードローン3枚の情報はすべて個人信用情報機関に記録されているので、所有しているカードローンの枚数に加えて利用歴もすべてカードローン審査で明らかにされてしまいます。

それゆえ、申込書にある他社からの借入件数や借入額等の記載項目に所有しているカードローン枚数を過少申告したとしても必ず個人信用情報機関に与信をかけて調べるのでバレてしまいます。

そして、嘘の申告がバレると審査に落とされます。また、所有している銀行カードローン3枚の融資額の合計がすでに収入の3分の1に達している場合には消費者金融のカードローン審査は通りません。

なぜなら、消費者金融のカードローンは総量規制の対象なので収入の3分の1までしか融資できないからです。

他方、銀行は総量規制の対象外なので収入にはしばられません。

が、やはり銀行カードローンの審査でも、すでに複数枚の銀行カードローンを所有していると“申込みブラック”として見做されたり、過剰融資の危険性を感じ取って審査に通してくれないと思われます。

そして、あくまでも一般論として、4枚目の新規カードローン審査の場合は審査が一段厳しくなってしまうと言われているのです。とまれ、カードローンを何枚持つかは個人の自由です。

しかし、カードローンはたくさん枚数を持っていれば良いと言うものではありません。その点をもう一度考える必要があるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
必ず通れる銀行系カードローンはある?

銀行カードローン3枚の契約があるが新規カードローン審査通るか

銀行カードローン3枚契約している方はめずらしくなくなりました。

銀行系のカードローンは消費者金融のカードローンの機能に加えて、銀行の安心感も加わったことで人気があります。

また、銀行系のカードローンは各銀行の普通もしくは総合口座と呼ばれる口座と連携して、銀行のATM利用手数料が値下げ、もしくは無料化するなどの各種特典が追加されていることもあり、銀行ごとにカードローンを契約していたら、3枚持っていたということも珍しくないようです。

ただし、銀行系のカードローンは契約するが、普段の口座のために契約しているだけだったり、住宅ローンの利率が下がるから契約しただけで利用していないという方も多いようです。

そのため、普段使いたいカードローンは別にあり、カードローン審査を受けたいが既存のカードローンが多いとだめなのかと心配している方が多いようです。

結論から言えばカードローンは何件契約していても利用していない、もしくは小額の利用であれば新規のカードローンの契約に支障が出ることは少ないです。

カードローンの審査は主に所得と借り入れのバランスをチェックします。

所得については年収による一括所得を元にチェックされますが、複数の所得がある方で一部の所得で審査をするという方も多いようです。

所得は利用限度額に大きく影響しますので利用限度額を多めに設定したい場合は所得をすべて申告することが必要になる時があります。

また、借り入れについては、ローンの契約件数ではなく、また、ローンを契約しただけでは他社のカードローンの審査ではわかりません。

借入状況のチェックで借り入れを確認する手段は借り入れが実際に行った際に保存される情報のみです。

また、複数のローンを利用している場合でも利用額が少ない場合は新規のカードローンを契約しても審査上不利になることは少ないです。

借り入れの目安としては所得の3分の1が限度になると考えておくと良いです。