信用金庫カードローンの審査通過方法を教えて

地方の食品加工工場で働いている39歳の男性です。今度、地元の信用金庫カードローンでお金を借りようと思っています。

先日に職場の仲間に「お金を借りるなら信用金庫カードローンが一番だぞ!

だって金利が低いし地域住民の相談に対して親身になって対応してくれるからね…」ってアドバイスされたんです。

そこで信用金庫カードローンの審査通過方法というものがあれば是非とも教えていただきたいのです。

融資条件満たすことが審査通過方法と言えます

まず最初に信用金庫カードローンの審査はそんなに甘くないと言うことです。

信用金庫カードローンは金利も銀行並みの低金利ですし、融資額も銀行カードローンほどではないものの比較的限度額が大きいと言って良いでしょう。

そして、カードローン審査においても申込者の信用力や信用度を何よりも重視します。

銀行カードローンも、また銀行の融資においても、何よりも利用者の信用度を重要視しますし、銀行は信頼と信用をとても大切にするのです。そして、信用金庫もそれと同じと考えて良いでしょう。

他方、銀行カードローンと信用金庫カードローンとの審査基準における違いという点をあえて指摘すれば、信用金庫カードローンの方がやや利用条件が細かくなっていることでしょう。

たとえば、たいていの信用金庫カードローンの利用条件には、信用金庫の営業エリア内に居住もしくは働いていることが条件となっているのです。

一方、銀行カードローンの利用条件にはそのような縛りはありません。

また、信用金庫を利用していることが条件になったり、信用金庫を利用していると金利優遇等のメリットが享受できるケースも多いのです。

つまり、利用無しと利用有りでサービスの面で違いが出てくるのが信用金庫カードローンの特徴と言っても過言ではないのです。

以上の点から言えば、信用金庫カードローンでは条件の縛りが明確な分、審査は厳しいと言って良いかもしれません。

そして、信用金庫は本来地域住民の繁栄や地域の発展に寄与することを目的や経営理念に掲げているところが多いことで地域密着型の金融機関であることから、信用金庫カードローンでは上記のような利用条件の縛りが設けられているとも考えられるのです。

他方、信用金庫カードローンでは申し込み窓口が広いものが多いようです。

たとえば、継続した一定の安定収入があえばアルバイトやパート、配偶者に収入があれば専業主婦でも利用可能であり、無職の年金受給者でも利用できるのです。

信用金庫によっては年金生活者専用のカードローンを用意しているところもあります。そして、かような観点から言えば、銀行カードローン審査よりも緩いと言えるのです。

以上のような条件を満たすことが信用金庫カードローンの審査通過方法と言って良いでしょう。

加えて言えば、金融ブラックでないこと、複数社からの借り入れや他社から多額の借金が無いこと、無職無収入でないこと等も審査通過方法となります。

もうひとつ付け加えれば、信用金庫カードローンの審査通過方法として、必ず「信用保証会社から保証を受けられること」とがあります。

信用金庫カードローンの審査では、消費者金融や信販会社が保証会社となる場合と、信金保証基金が保証会社につくケースがあるのです。

そして、一般的に消費者金融や信販会社が保証会社となる場合は審査が甘めとなり、逆に信金保証基金が保証会社につくケースでは審査が厳しめになると言われています。

そのことから信用金庫カードローンの審査通過方法としては消費者金融や信販会社が保証会社となっている信用金庫カードローンを選んだ方が審査に通過し易いと言えるのです。

【参考ページはこちら】
静岡信用金庫のカードローンは申込みやすい?

信用金庫カードローン審査通過方法は数あれど、その極意はこれだ

信用金庫は、銀行と違って地元の中小企業や個人を会員として募り、その会員に向けて利便性のある金融ビジネスを行うことを旨としています。

そのため、消費者金融などの金融会社と比べると、カードローンの金利が低く設定されています。

その一方で、銀行に比べると保有する資本の規模が小さいため、信用力が高くて、確実に融資したお金を返済してくれるお客さんでなければ、カードローン契約をしない傾向にあります。

そのため、信用金庫では、カードローンの審査が、銀行等と比べると厳しい傾向にあります。

このような状況ですので、信用金庫カードローン審査通過方法の極意としては、申込むに当って事前に信用力を高めておくことです。

信用力というのは、借りたお金は間違いなく返済するということです。

信用力を高めるために、自分の努力でどうにかなることは、金融機関でお金を借りた場合は、滞りなく返済することです。

金融機関を利用してお金を借りた場合の返済状況は、個人信用情報に記録されますので、きちんと返している人は優良な借主として認識されます。

信用力を高めるためには、年収を上げたり、勤続年数を長くすることもありますが、このようなことは一朝一夕にできることではありませんし、自分の努力だけでできることでもありません。

そのため、きちんと返済することが一番大切なのです。

なお、信用金庫が取り扱うカードローンには、信金保証基金という機関が保証会社になっている場合と、信販会社や消費者金融が保証会社になっている場合があります

信金保証基金が保証会社になっている場合には、審査がとても厳しくなりますが、信販会社や消費者金融が保証会社になっている場合には、一般的に審査がゆるくなる傾向があり、アルバイトの人でも審査を通過できる程です。

そのため、信用金庫のカードローンを利用しようとする場合には、信販会社や消費者金融が保証会社となっているカードローンを申込むと、審査を通過しやすくなります。