仕事してなくてもカードローンは借りられるの?現在就活中

現在、一人暮らしをしながら都内の大学に通っていて就活中です。内定はまだ出ていないので少しブルーになる時もあるのですが、頑張っていこうと思ってます。

でも、忙しいとバイトになかなか行くことができないので、時々財政がピンチです。

実は大学生になってからすぐにつくったクレジットカードは親の意見でキャッシング枠を設定しませんでした。

なので、友達がキャッシングしていると羨ましくなることがあります。

そんなわけで、自分の銀行口座でカードローンを利用したいのですが、カードローンは仕事をしていなくても借りることができるのでしょうか。

こんな方法でアルバイト継続中をアピールしてみてはいかがでしょう

カードローンによるキャッシングは満20歳から利用できます。

そして、原則として安定した収入を持っていることが、条件になります。

この安定した収入とは一般的に就業していることを指しますが、それは、ほぼ全てのカードローンでパートやアルバイトの就業でも大丈夫です。

学生の方も正社員として仕事を始める前でも借り入れすることはできるということです。

現在はなかなかアルバイトができないとのことですが、どちらかの会社に所属しているけれどシフト等に入っていないということですか?

アルバイト自体を辞めてしまっている状態ですか?

前者のように在籍自体している場合ならば前年のアルバイトの収入を証明することで契約できる可能性は充分にあります。

ただ、昨今は学生諸君が在学中にいろいろな活動をすることによって収入を得ることが目立ってきました。

在学中に起業したり、在学中に株式の投資をおこなって結構な所得があることもめずらしくはありません。

そのような所得もカードローン申込みの審査で認められた例もあります。

起業して事業主という立場である場合には申し込むカードローンの種類が異なることもあります(事業主向けのカードローン商品)。
(⇒カードローンを利用できる職業とは

そのような場合には、手続きのために用意する書類が異なります(確定申告書や事業決算書等が必要になることがあります)。

カードローンによって日常生活を充実させるとともに、学生のうちから金融市場の一端を学ぶいい機会でもあるということです。

通常、ショッピングとキャッシングが両方できるクレジットカードのキャッシングよりも、キャッシング専門のカードローンの方が金利が低く設定されているので、お得なところがあります。

さらに、カードローンは毎月の約定返済の他に臨時返済をすることができます。余裕のある時期などにこの臨時返済をすることで利息を抑えることができますのでたいへん効率的です。

就活はなにかとたいへんなことも多いと思われますが、頑張ってください。

じっくり、腰を落ち着けて活動することで、良い出会いに巡り合えるはずです。そして、健康にもくれぐれもご留意ください。また、大学の研究もしっかりと。

【参考ページはこちら】
無職だけどカードローンでお金借りられる?

仕事してなくてもカードローンは利用できるのでしょうか?

仕事してなくてもカードローンって借りられるのでしょうか?当然な疑問といえます。

応えはイエスです。一般的に仕事をしていないと、お金は貸してくれないようなイメージがありますが、そんなことはありません。

例えば求職中で小額のお金が必要な場合もありますし、お給料日までの日数の間にどうしても早急にお金が必要な場合もあります。そんな時に便利なのがカードローンです。

メリットは、ATMなどですぐに借りられるという点です。

人と接することがないので、気まずい思いをせずにすみます。さらに小額での借り入れも可能な点も利点といえます。

仕事してなくてもカードローンを使えば、突然起こることが多い、お葬式や、結婚式など冠婚葬祭などにも十分対応することが可能です。

さらに、審査がなくすぐに借り入れることができる点もメリットです。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってる?

仕事してなくてもカードローンなら面倒な審査時間を待つことも必要ありません。ではデメリットは何でしょうか。それはやはり返済のいきづまりです。

しかしこのデメリットは十分に計画立てて、借り入れることで回避することが可能です。例えば確実に返済できる金額、小額を借り入れること。

小額から借り入れることができるカードローンならではのメリットでもあります。

また、仕事以外でも、収入が予測される日を想定して借り入れること。これらによって、安心して借り入れることが可能です。

また、一般的にリスクとされるのが、借り入れの際にかかる利子です。しかし現在利子は法定利息によって過剰な利息はかからなくなっており安心です。

また、高いと思われがちな利率も実は、一般的なローンと変わらず安いのです。

リスクばかりに目がいきがちのカードローンですが、しっかりと計画立てて利用すれば、必要な時に必要な額を確保する上でとても便利なサービスです。

このように仕事してなくてもカードローンなら、賢く使って頂ければ大いに生活を手助けする使い方ができます。