カードローンの街金審査「通過できる要素」はなんでしょうか?

最近ではいろんな金融機関でカードローンが出ていますが、私が利用していた当時はキャッシングは振込方式だけでした。

そういう私どもの年代だとどうしても消費者金融の会社を街金と言ってしまいます。

その街金、今度あらためて審査を受けるとするとその審査を通過できる要素としてはどのようなものがあるのでしょうか。

カードローン審査は年収の他にこんなことに気を付けてください

貸金業法が改定され、2010年から総量規制が適用されるようになり、消費者金融は大手の会社が銀行の系列会社になることを中心とした業界の再編成の時期を迎えました。

そのため、業績の伸張のために業界は一層のイメージアップ戦略を展開しました。

その結果、キャッシングという呼称が一般的になって、街金という呼称はめったに使われなくなりました。

銀行や信金・信組などの金融機関によるカードローンや消費者金融のカードローンを利用したことがある人の割合は四分の一のなると言われています。

もちろんそれは、銀行や信金・信組などの金融機関がカードローンに参入したこともありますが、業界の努力の結果によるものです。今後も親しみやすい業界を構築していくでしょう。

しばらくご利用はないようですが、現在は一般的に銀行・信金・信組などのカードローンよりも消費者金融のカードローンの方が融資を受けやすいと言われています。

それは前者の方が年金利が低く設定されていることが多いので消費者金融の会社は積極的な融資をすることによって顧客の獲得を企図しているからです。

審査に通過する要素としては、借り入れに対しての返済能力として必要な年収、他のカードローンやクレジットカードの支払、割賦販売で購入した商品の支払いで延滞をしたことがない、という二つのことが必要になります。

気を付けたいのが、携帯の端末代を分割で支払っている場合です。

月々の請求が通話料とその分割払い分が一緒になっていることがありますが、そうすると、通話料が思ったよりも高くついてしまって、支払が滞ったというケースが生じることもあります。

そうしたことも信用情報を損なう要因になります。

そのうえ、消費者金融から融資を受けることを希望する場合は充分に総量規制に留意してください。年収の三分の一を超える借り入れをすることはできません。

カードローンは消費者金融が始めた融資方式です。銀行の系列になっても、消費者金融会社は「銀行には負けないぞ」という気概があります。積極的な融資を狙っているはずですよ。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンでも在籍確認はあるの?

街金審査カードローンなら通過できる可能性が高い

いま、カードローンを利用されている方がとても増えています。

この背景には、不景気であったり、不況であるということはとても大きく影響しているようです。

それだけ必要な時に必要なお金がないという事態に陥りやすいという状況になっているということが言えます。

しかしそういった時に諦めてしまうのか、またそこで何とかしてお金を用立てるのかということで、後の人生が変わってくることもありますので、大事な選択となることでしょう。

ちなみに、カードローンをはじめ、すべての金融機関において、キャッシングなどを行う場合には、審査が行われます。

審査では、ブラックではないか、また返済能力があるかなどが調べられることになりますが、審査基準や方法などは、明確に公表されていませんので、万が一審査で落ちてしまっても、その理由を知ることはなかなか難しいのが現状としてあります。

ちなみに、ブラックというのは、過去の借金をした際に返済期日を過ぎてしまった場合であったり、自己破産をしてしまったという場合などです。

ブラックですとなかなか審査で通らないという方もいるかもしれません。ここでお勧めの方法が街金審査です。

街金審査というのは、比較的通過できる可能性が高いといわれています。

それだけ金利が高いこともあり、デメリットもある場合がありますので、金利に関してはきちんと確認をしておくようにしましょう。

最近では、専業主婦でも借りられたり、学生でもローンが組めるというところも出ています。

専業主婦の場合でも、ご主人に収入があればそれが加味されることになりますので、あきらめないで申請してみてください。(こちらもご参考に→主婦でも審査に受かるカードローン

また、学生の場合には奨学金やアルバイトなどの収入も認められるケースが多いようです。

比較的審査が通過しやすいといわれていますので、おすすめです。

最終的にはどういった方法で借りたとしても、返済計画だけはきちんと立てておくようにしましょう。

そうすることで失敗しません。