銀行カードローンでも在籍確認審査は必ずあるのですか?

消費者金融の会社が盛んにテレビコマーシャルを放送していた時期にカードローンを契約しました。

その後は時々、利用をしているのですが、最近では銀行もカードローンをやっていることが普通になりました。

金利が消費者金融よりも低めということもあるので、契約してみたいと思うのですが、銀行のカードローンでも電話の在籍確認審査は必ずあるのですか?

必ず実施しているわけではありません。こんなケースもあります

消費者金融業界は大手各社のテレビコマーシャルなどをきっかけにして一気に社会的な認知度がひろがりました。

その後業界の再編成があり、銀行の系列会社化が進んだことによって、銀行も消費者金融会社が持っていたノウハウを活用してカードローンを商品化したというのが昨今の流れです。

カードローンの在籍確認の電話はお話の時期から行われてきましたが、実はこの制度は消費者金融の会社が銀行のシステムを導入したとのことなのです。

カードローンが浸透する以前から銀行は住宅ローンや自動車ローンを展開していました。

これらのローンでも銀行は申し込んだ方の職場や自宅へ電話による確認作業を実施していたのです。

申請された住所や電話番号に誤りがないかどうかという確認は何かの連絡の際に必要となりますし、申請された会社に在籍するということは返済に要する収入の確認に必要なことであります。

さて、銀行がカードローンを商品化するうえで、アドバンテージを持っている点が一つあります。

それは、その銀行に口座があることによって、その人の資産状況を把握できることです。

口座にある程度の貯金があれば、それが資産として評価されます。貯金だけではなく、住宅ローンなどの各種ローン契約も評価対象になることもあります。

その評価を元にして、当該銀行のATMを利用した際にカードローンによる融資が可能な旨、具体的な融資額を提示され画面上で勧誘がなされることがあります。

その案内画面から直接の入力でカードローンに申し込むことも可能です。

こうした勧誘は既に審査がなされた後のものなので、職場への在籍確認の電話はないというケースも多いのです。

手続き後は契約内容が郵送されて終了です。

昨今、銀行は住宅ローンや自動車ローンなども複数年の源泉徴収票などの提出をもって、在籍確認にかえ、電話による確認をしないことも多く見受けられます。

カードローンもそれに準じているということになります。

効率的な方法の導入が利用者の側にもありがたい面があるということの一例と言っていいでしょう。

【参考ページはこちら】
在籍確認不要なカードローンは審査に通りにくい?

銀行カードローンで在籍確認審査なしにする方法

カードローンは便利です。給料日前のピンチの際、急な入用の際にカードさえあれば提携のATMやキャッシュディスペンサーなどから、簡単に借り入れができるのです。

コンビニのATMなどでも借り入れ、返済ができるので、人に知られずに借金をすることができるのです。

そんなカードローンですが、大きく分けて銀行系と消費者金融などの賃金業者系があります。両者の大きな違いが借入金額です。

消費者金融などの賃金業者には総量規制と言って、融資の上限金額が年収の3分の1を超えてはいけないという決まりがありますが、銀行にはそれがありません。

より多くの借り入れをしたいなら銀行カードローンにするしかないのです。

カードローンはいわば無担保の借金です。そのため借りるには返済能力が必要となります。

しかし、はじめて会った人に返済能力があるかどうかわかりませんよね。そこで審査という形をとるのです。

氏名、年齢、勤め先、勤続年数、住居形態などから、その人に偏差能力があるのかを測るのです。

そんな審査の1つに在籍確認審査があります。これは申告通りの会社に勤めているかを電話によって確認する審査です。申込者がAさんだとしたら、「Aさんいらっしゃいますか。」と聞くだけの形がほとんどです。

つまり、カードローンの審査で電話をしていると告げることは絶対にないので、会社にバレる心配はまずないのです。

ただ、慣れた事務員さんなど、気付いてしまう方もおられます。

ただ、カードローンをすることは特に問題があるわけではないので、気付かれたからといって、仕事に支障をきたすことはないので安心です。

それでも気付かれなくないなら、電話による在籍確認審査をしない方法もあります。

融資金額が多くなると通用しないかもしれませんが、社員証やタイムカードのコピーなどの提出で、電話による在籍確認審査を免れられることがあります。

会社が私的な電話をつないでくれない場合や、どうしても会社に電話をしてもらいたくないなら、申し込みの際に相談してみるといいでしょう。