カードローン2件を返済するよりおまとめローンの方が良い?

現在、二つの銀行のカードローンで合計130万円ほど借用しています。元々両方の銀行には口座を持っていました。

そのキャッシュカードにカードローンの機能を付加させておきました。

毎月の返済はATMで返金をする方法ではなく、口座からの自動引き落としを利用しています。

そのようなわけで、今まで返済のことをあまり意識したこともなかったのですが、複数のローンを返済している時はいわゆる「おまとめローン」を利用する方がいいのでしょうか。

おまとめローンという商品名の年利率に着目してみましょう

現在は銀行や信用金庫・信用組合などの金融機関、消費者金融会社等、さまざまなところからカードローンが商品化されて提供されています。

複数のカードローン商品を展開している場合も少なくはありません。

その中でも、昨今目立っているのが「おまとめローン」です。なかには通常のカードローンとおまとめローンが並立されていることもあります。

おまとめローンはその名の通り、複数の返済を行っているローンを一本化するものです。

ローンを一本化することのメリットはまず、分散している返済日が一つになれば、うっかり失念してしまうことを防ぐことができるということです。

一般的におまとめローンと称されているカードローンは他の商品よりも年利率が低めに設定されています。

そうすると、現在の返済をまとめる(一本化)することによって利息を抑えることができるということです。

おまとめローンが商品化されている場合は複数返済の時と一本化した際で実際にどの程度、返済額が変わるかというシュミレーションをHPで紹介されていることもあります。実際の金額が示されるととてもわかりやすくなっています。

また、そのカードローン自体におまとめローンという名称が冠されていなくとも、現在の年利率と比較をして年利率が低い場合には「のりかえ」、「借り換え」という観点でそちらに変更をするという方法もとれるでしょう。

この点が利用目的が原則自由のフリーローンであるカードローンの便利なところでもあります。

なお、各社のおまとめローンについては審査では他社からの借入れがあることが前提となることや、借入れ形態でカードローンという形態をとるとは限らないということを留意しましょう。

そして、今回はもともとあった口座にカードローン機能を付加したとのことですが、カードローン機能のみのカードである場合でも完済後の契約は残しておかれた方が良いでしょう。今後、また有効に利用することができますので。

【参考ページはこちら】
誰にもバレずに即日融資できるカードローンはある?

カードローン2件あると次が契約できなくなるのか

ローンやキャッシングの申し込みをするときに、心配なことがいくつか出てきます。

周りにばれることはないのか、対応は丁寧なのかなど、不安な気持ちは誰しも持っています。しかし、一番に気になることは審査がパスできるのかではないでしょうか。

特に心配になってしまうのは、既に他からキャッシングを受けている身の方でしょう。

今、支払途中の場合だと、追加で借りたり、新たに他社から借りるのは、難しくて無理なんではないだろうかと思ってしまう方もいます。実際に、そんな不安な声をよく聞きます。

では、本当にそれだけの理由で、新たな契約ができないのかを考えてみましょう。例えば、カードローン2件がすでにあるとします。

カードローンとは、カードも申し込み時に審査を受けて、発行されると、キャッシングしたい時は簡単な審査で、すぐに借りることができます。

その都度、契約書を書いたり、身分証の提示も不要なので、最初のカード発行の時だけ、審査に時間と手間がかかるだけですので、急な出費や繰り返して使う場合には、余計な手間がなくて済むので便利です。

これを2件契約している時に、他の契約に申し込むと、契約状態は把握されます。ですので、カードローン2件あるという事実はわかってしまいます。

しかし、それだけではなく、その契約内容が重要になって、注視されるのです。

契約しているだけで、残高がない、もしくは支払可能な金額であれば問題は生じません。

過去に利用したとしても、支払完了していたり、現在支払中でも、遅れなく確実に払っている場合なども、問題なく支払っていけていると判断されることも多いです。

大切なのはカードローン2件ということよりも、その支払い状況です。あくまでも審査は支払能力があるか、返済してもらえるのかがベースです。
(⇒カードローンは2社同時に契約できる?

ですから、その点でしっかりしていれば、契約があったとしても、すぐにダメとはなりません。

カードローンも金利が有利なもとを後から見つけることもあります。使い勝手がいい方に乗り換えたいことも出てきます。

そのような場合であります。申し込みの理由や過去の支払状況が一番重要なのです。