在籍確認なし銀行カードローンは本当にあるのですか?

消費者金融のカードローンだと、在籍確認がないものも結構あるようなのですが、銀行のカードローンはどうなのでしょう。

在籍確認の電話連絡がない商品もあるという話もありますし、銀行は必ず実施しているという話も聞きます。

実際のところはどうでしょうか。在籍確認なしの銀行カードローンは本当にあるのでしょうか?

銀行カードローンで在籍確認がなしだった実例はございます

在籍確認という言葉がキーワードになるのは、職場にかかってくる電話を気にする方が多いからです。

昨今はローンの申込みの関係で電話がかかってきた、ということがわからないようにどんな金融機関も配慮をしています。

でも、職場環境によって、電話自体がめったにないのに…という方はどうしても気になることろでしょう。

結論から言うと、職場への在籍確認の電話は申し込んだ方の状況によって、融資側の担当者が必要という判断になれば、なされるものでありますし、不要という判断がなされれば省かれます。

では、どんな場合に在籍確認の電話が省かれるのでしょうか。

長年、その銀行に口座を持ち、給与の振込口座にしたり、その銀行で住宅ローンや自動車ローンを組んで、きちんと返済を行っている方については、カードローンの契約時に職場への電話による在籍確認はなされなかった、という例は実際にあります。

実は在籍確認の電話はカードローンだけではなく、前述の住宅ローンや自動車ローンでも行われていますが、昨今ではそれらのローンでもなされていない銀行も多いのです。

多くの銀行のHPでもカードローンを紹介している部分のQ&Aなどでは、この在籍確認についてはよく注意してみると「連絡する場合がある」という表現になっています。

カードローンはもともと便利で手軽な商品なので、申込みに関しても便利なシステムになっていて、Web上から申込みができるようになっているものも数多くあります。

しかし、窓口や電話で銀行の担当の方と相談しながら、申込みをするという方法ならば、その時に在籍確認の電話はどうしても気になるので、代替え措置をしてくれないか、と依頼してみることもできます。

長年の取引のある顧客であるならば、例え個人でも銀行はその要望を前向きに検討するでしょう。

ただ、勤務先への在籍確認を省くためには、会社を通じて支給される健康保険証や社員証などがあったうえで、ということもありますので、そういうお願いをする場合は自分がする準備も万端に、ということになります。

【参考ページはこちら】
会社への在籍確認を避けるのは無理?

在籍確認なし銀行カードローンはありますか?

銀行カードローンは便利です。カードさえあればキャッシュディスペンサーはもちろん、コンビニのATMなどからも簡単にお金をかりられるのです。

しかも返済もATMからできるとは驚きですよね。

これなら人に知られることなく、借り入れができるのです。カードローンをするには、まず審査に通らないといけません。

というのは銀行はただでお金を貸しているわけではないからです。

借りたお金には利息を添えて返してもらって、はじめて営業できるのです。審査には氏名、年齢、勤務先、勤続年数、住居形態など様々な項目があります。それらを総合的に見て返済能力の有無を判断するのです。

消費者金融より金利も低く、高額の融資を受けられることから、銀行カードローンは人気です。

ただその分、審査が厳しいようです。審査の中でも特に気にされる方が多いのが、在籍確認です。

本人の申告通りの会社にきちんと勤めているかを、電話によって確認するのがこの在籍確認です。

会社に消費者金融から電話が来るとなると、カードローンの事実が会社にばれてしまうのではないかと恐れる方がおられます。

でもそんな心配は不要なのです。というのは企業側も、カードローンの審査で電話しているとは電話口では言いません。

個人名や保険の外交員を装って電話をしてくれるので、まずばれることはないのです。

しかし、勘のいい方には気付かれる可能性も否定できません。カードローン自体、別に違法ではないのでばれても問題はないのですが、それでもばれたくないという方もおられるようです。

そうなると在籍確認なし銀行カードローンはないものかと探すことになるのです。

しかし、在籍確認がない銀行カードローンはほぼないのです。

つまり、電話による在籍確認がどうしても嫌なら、銀行カードローンではなく、消費者金融に申し込むべきなのです。

こちらなら、タイムカードや社員証のコピーなどの提出で、在籍確認としてくれる消費者金融もあるのです。(こちらもご参考に→在籍確認なしのカードローンは審査が厳しい?