カードローンは何個使ってますか?審査は大変でしたか?

カードローンは何個くらい使っていますか?

今、クレジットカードは持っていて、そのカードで時々キャッシングをしているのですが、どうせなら今度、カードローンも申し込もうと思っています。

最初から高額の契約はできないという話も聞いたことがあります。それならば、複数のカードローンで契約をしてみようかと思っています。

以前、クレジットカードをつくった時は、手元にカードが届くまでに一か月くらいかかった記憶があります。カードローンの手続きや審査はたいへんなのでしょうか。

手続きは面倒なものではありません。即日融資もありますよ

クレジットカードのキャッシングと比較してカードローンの方が一般的に金利が安いので、ショッピングはクレジットカード、キャッシングはカードローンと併用して利用する人が増えてきました。

借り入れの際もカード発行元のATMはもちろんのこと、コンビニのATMも利用できることがほとんどなので、とても便利です。

ある銀行のカードローンなどはほぼ全てのコンビニのATMの利用手数料は無料に設定されているので、場合によってはコンビニのATMで自分の口座から現金を引き出して手数料がかかるよりもカードローンの利息の方がお得なこともあります。

さて、カードローンの手続きですが、利用する時と同様に、とても手軽なものになっています。それは、銀行や信金・信組のような金融機関であっても、消費者金融会社においても同様です。(こちらもご参考に→信金のカードローンってどんな感じ?

手軽に手続きができるために、自分が持っている口座のキャッシュカードは全部カードローンの機能を付けている人もめずらしくはありません。

現在ではたいていのカードローンでWeb上からの手続きが可能です。

自宅にいながら、自分の都合のいい時間帯で手続きができてしまうということになります(スマホを使うと自宅ではなくても大丈夫ですね)。

HP上で借り入れが可能かどうか簡易診断をしているカードローンもあるので、目安にもなります。このように手続きの面でも利便性に配慮されています。

また、無人契約機での申込み手続きはその場で審査がされていますので、審査に通ればそのすぐ後から利用が可能というカードローンもあります。このへんはクレジットカードと少々違った特色を出しています。

返済についてもカードを使っての返済や口座からの自動引き落としなどの選択ができるので、利用だけではなく、いろいろな点で便利で手軽というのがキーワードになっていると言えるでしょう。

【参考ページはこちら】
キャッシングとカードローンの融資に違いはある?

カードローンは何個持っていると審査に影響が出てくるの?

カードローンの審査では様々なポイントが評価の対象として扱われています。

収入や返済能力の有無といったようなところはもちろんのこと、申し込み時点での勤め先に何年勤務しているのかというようなこともチェックされるのです。

また「申込段階で持っている債務の状態」も確認されることとなるのですが、この債務の状態について特に問題となるのが「多重債務状態の場合」です。

多重債務とは複数の業者からお金を借りている状態を指す言葉なのですが、こうした状態になっている人に関しては審査が非常に厳しくなりがちなのです。

特にカードローンであったとしてもそれは債務なわけですから、複数のカードローンと契約している人に対する審査はかなり厳しくなってきます。

では何個なら影響が出てくるのかというと、これは2~3個ということになります。

銀行系の業者などはもともと厳しい基準を設けていることで知られていますが、そうした業者の場合は既に2つの契約を持っている時点で断ることがあり得ます。

また消費者に有利な基準が設けられている消費者金融であったとしても、すでに3つの契約があるのであればかなり慎重になるでしょう。

これは複数の債務を同時に持ち続けるということが、返済不可能な状況を引き起こすリスクとなるからです。

加えて既に契約をしているのに新たに契約をしたいというような状況だと、その消費者はかなりお金に困っていると判断せざるをえません。

もともとの危険性が高そうな消費者であるのに、さらに危険性を増やすようなことをしてしまったのであれば、業界全体の顧客の喪失につながりかねないのです。

そうした事情があるため、複数の契約をしている消費者に対する融資は非常に厳しくなりやすいのです。

カードローンは便利なものですが、その契約をしているというだけで金融機関からの判断は変わってきます。

契約をするという際には自身の契約が本当に問題ないかどうかをチェックしてから検討するようにしましょう。