在籍確認不要なカードローンは審査に通りにくいのですか?

ちょっと気になる話を聞きました。最近よく耳にするカードローンのWeb完結の申込み方法というシステムのことなのですが…

このWeb完結という方式はWeb上の手続きで完了するので在籍確認の電話がないとのことなのですが、それはそれでありがたいところがあります。

でも、そういう方式のカードローンはかえって審査が通りにくいというようなことはないのでしょうか。

審査はあくまで返済能力、Web完結は手続きの簡素化が目的です

確かに、最近手続きのWeb完結を謳っているカードローンが目立つようになってきました。

どんな時間でも、どんな場所にいても申込み手続きができるので、たいへんに便利な方式です。Web上で手続きをして、即時に借り入れ可能な商品もあります。

ただ、Web完結の方式で手続きをするためには事前に用意しておく、免許証等ではない書類があることもご留意ください。

全国健康保険協会(愛称、協会けんぽ)発行による保険証、いわゆる社会保険証や組合保険証(民間企業による組合、公務員の共済組合)が必要になる商品があります。

これら書類は勤務先を通じて本人に渡るものなので、必然的に在籍が確認されるというわけです。

また、Web完結の手続きで申込みをする場合は事前に特定の銀行に口座を開設していることが必要になることもあります。

もっとも、すべてのカードローンのWeb完結という方式が職場等への在籍確認の電話がないか、というとそういうわけではありません。

念を入れたいという場合は事前に問い合わせをしてみるのも一つの手段です。とても親切丁寧に対応してくれます。

その問い合わせのなかで、ご自分の状況を説明しながらどの程度融資を受けられるのか、返済の具体的なことなどを教えてもらうという方法もとれます。

現在は銀行や信金・信組、消費者金融の会社いずれも申込みをする前の段階での相談は大歓迎という姿勢です。

さて、審査の厳しさについてですが、在籍確認の電話がないから厳しいとか、電話があるから通りやすいとかその相関性はないものと捉えてよいでしょう。
(⇒在籍確認なしのカードローンはある?

融資ができるか、できないかということはあくまでも、その人に借り入れに対する返済を賄える収入があるかどうかということが主眼になります。

そしてもう一点、他社のカードローンを利用していれば、そちらで返済の遅滞をしていないこと、カードローンを利用していなければクレジットカードの支払いで遅滞をしていないことが審査の重要なポイントです。

【参考ページはこちら】
カードローン会社から就職先に連絡ある?

誰にも知られたくない方におすすめの在籍確認不要なカードローン

普段から、会社の同僚や部下に食事をおごっているような、太っ腹な方は多いですが、そのような方は周囲からの信頼も厚く、信用されやすくなります。

しかしそんな方でもたまにはお金がない状態のときもあるので、そんなときに飲み会に誘われたら困ってしまいますよね。

お金がないと正直に告白したり、誘いを断ったりするのが恥ずかしいと思う方もありますから、そんな方はカードローンを利用し、お金を作るようにしましょう。

誰にも知られたくない方におすすめなのが、在籍確認不要なカードローンです。

カードローンに申し込むと、その人が本当に働いているのかを調べるために、勤めている会社に在籍確認を入れることがあります。

もちろんその場合は、ローン会社の名義ではなく、担当スタッフの個人名で電話をかけることが多いのですが、勘の鋭い人が電話に出た場合はばれる可能性もあります。

そうなるとお金に困っていることが会社の同僚や部下などに知られてしまうので、その後は変に気を使われるようになるかも知れません。

そんな気まずい環境では仕事がしにくいという方もあるでしょうから、そんな方は最初から在籍確認不要なカードローンに申し込むようにしたいですね。

会社への連絡が一切ありませんから、初めての方でも安心して利用することが出来ます。

低金利の会社のカードローンであれば、多めの融資を受けても、それほど利息が付かないので、長期で利用したいときは非常に助かります。

中には30日間などの決められた期間内は無利息で利用できるとこともあるので、どの会社がどんなサービスをしているか、調べてから申し込んでください。

カードローンは1万円や10万円といった少ない金額から、場合によっては100万円や500万円などの多額の融資を受けられるので、サービスを上手く利用すれば、賢く借り入れが出来ます。

カードローンの使用用途は自由で、住宅ローンや自動車ローンとは違い、どんな目的にも使えるのが魅力なので、生活費が足りないときや、家のリフォームをしたいときなど、いつでも便利に使うようにしましょう。