銀行カードローン、利用限度額の上限の相場はどれくらい?

今まで、給料日前の少しピンチの時など、クレジットカードのキャッシング機能を使っていました。

でも、カードローンの方が利用限度額が大きいと聞きました。

時々、もう少し使いたいと思うことがあるのですが、一般的にカードローンの利用限度額はどのくらいが相場なのでしょうか。

大型商品は一千万規模、希望の金額がみつかるはずです

相場という表現は少しむずかしいかもしれません。それというのも昨今のカードローンの利用限度額は高額化の傾向を示しているからです。

大型の商品では高額の順に金額を並べると一千万円、800万円、500万円、というものもあります。

多くのカードローンは利用限度額の最大額を何段階かのコースに分かれていて、利用を申込む方が希望の金額を選ぶ、あるいは融資をする側が審査によって適量なコースをすすめるというシステムです。

例えば、利用限度額が50万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円と6段階にわかれていて、150万円の利用限度額で審査を希望です、審査をお願いします…という流れになっています。

また、利用限度額を段階的にコース設定するシステムではなく、審査で申込みをした方の状況を考慮して融資側が「利用限度額は60万円になります」とか「利用限度額は70万円になります」というように応じて融資をするというシステムの商品もあります。

もともと、クレジットカードはショッッピングの料金を信用によって後払いするシステムを主眼としたものです。

そのために、概ねキャッシング枠よりもショッピング枠の方が高額に設定されています。

これに対してカードローンは金融機関や消費者金融会社から受ける融資をカードを用いて行うものです。

主眼目的がキャッシングであることから、利用限度額も大きくして商品化されています。

もう一つの理由として、カードローンは銀行や信用金庫、信用組合なども商品として展開をしています。

これら金融機関は年収の三分の一を超える融資をすることができない貸金業法の総量規制の対象外であるために、限度額を大きくすることができます。

(クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となります)

しかしながら、キャッシングという観点でクレジットカードを考えた場合、「これは便利」という点が海外のATMで現地通貨をキャッシングできるという点です。

ATMも空港やホテルに設置されていることが多いのでとても便利です。

海外ではクレジットカードが必須という意味合いは昨今では、支払の面だけではなくこちらの面でも大きくなってきているということです。

【参考ページはこちら】
カードローンの限度額を比較!

銀行のカードローンの上限額についての基礎知識

カードローンは近年人気の高まっている金融サービスで、専用のローンカードを使用して身近なATMから現金を引き出すことができるというサービスの総称です。

そのようなサービスは銀行の他、消費者金融などが提供していますが、手軽に契約が出来て安心の銀行系カードローンに人気が集まっています。
(⇒銀行系カードローンは専業主婦も使える?

消費者金融も間違いなく健全な金融機関ですが、まだまだ信頼度においては劣るところがあると言えるかもしれません。

銀行系カードローンの特徴としては、借入上限額が比較的大きく、数100万の上限が珍しいものではないというのが特徴です。

金融機関の種類にもよりますが、400万円から800万円という高額な上限額を定めているのは銀行系のカードローンならではのサービスです。

その理由としては消費者金融を規制している貸金業法の影響の様な法律により上限の規制が存在していないというのが最大の理由であると言えるでしょう。

貸消費者金融などの貸金業者を規制する貸金業法では、借り手の年収の3分の1以上の貸し付けを法律で禁じています。

これを貸金業法の総量規制というのですが、この規制によって消費者金融ではそもそも高額の契約を結ぶことが難しくなっているのです。

もしも消費者金融で400万円のキャッシング上限を契約するためには年収1200万円の確認をしなければなりません。

そのような年収は一般的ではなく、消費者金融の方向性として高額融資は行いにくいのです。

この様な規制が無いのが銀行のカードローンです。高額な契約をするためには勿論相応の信用調査が必要になります。
(⇒銀行カードローンは必ず在籍確認ある?

誰でも気軽に数100万の借入を行うことができるわけではありません。

保証会社が保証を行い保証人を必要としないのも共通した仕組みですので、ある程度の資産や年収があることが貸付を行うための条件になることは間違いありません。

決して借り入れがしやすいということではないので注意しておく必要があるでしょう。