カードローン借入額を上げる方法って簡単?

カードローンを利用してきましたが、最近引っ越しをしていろいろ物入りでもあり、カードローンの借入額を上げようかと思っています。

サラリーマンであまり給料も高くないのですが、ボーナスは今のところ夏冬と出ているので、借りた分はなんとかボーナスでカバーできる感じです。

妻に相談しましたが、「返済がきちんとできるなら、借入額を上げてもいいんじゃない」という返答でした。

これまで借入額を上げることは考えてなかったのですが、簡単に借入額は上げられるものでしょうか。手続きが面倒なのは嫌だなと思っていますが。

返済が順調であれば手続きは面倒ではありません

カードローンを申し込んだ際に、審査があったことを覚えているでしょう。

この審査により、お金を借りる人が着実に返済ができるように無理のない借入額が設定されています。

ですから、カードローンを順調に返済している人は、それまでの設定借入額よりも高い借入額でカードローンを利用できる可能性があると金融機関に判断されます。

大体半年ぐらい順調に返済している場合、「借入額を上げませんか」という案内が金融機関から電話などで来ることがあります。

そういった場合は、比較的簡単に借入額を上げることができます。

借入額を上げる手続きですが、申し込み時と同様に審査を受けなければなりません。

申し込みは金融機関によって異なります、窓口や郵送でしか受け付けないところ、インターネットが可能なところなど様々ですので、まずは電話で問い合わせてみましょう。

また、それぞれの金融機関のサイトにも借入額を上げるための手続きについて記載されています。手続きに必要な書類は、収入証明書です。

申し込んだ時と収入が変わっていることもあるので、金融機関はお金を借りる人の最新の収入状況を知る必要があります。

申し込み時と同様に、源泉徴収票、給与明細書、市民税・県民税額決定通知書、課税証明書、所得証明書、確定申告書などを準備してください。

ただし、金融機関の中には、収入証明書が不要というところもあります。

消費者金融会社では、「総量規制」といって、収入の3分の1を超えるお金は借りられない仕組みになっています。

消費者金融会社を利用している方は、あらかじめこの規制に触れないかどうか、確認しましょう。

収入の3分の1を超える人は、消費者金融会社ではななくて、銀行のカードローンをあたってみてください。銀行にはこの規制は適応されません。

また、借入額を上げる前提として、利用している金融機関以外の利用がある人はその返済額も確認されますので、できるだけ他のカードローン利用は避けましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンに関するおすすめQ&A

カードローン借入額を上げる方法を知りたい

あると便利なカードローン。給料日前のピンチの際、急な入用の際、カードさえあれば提携のATMやキャッシュディスペンサーなどから簡単に借り入れができるのです。

今は必要ないけれど、いざという時に備えてとりあえず持っている人も多いのではないでしょうか。

そんなカードローンですが、融資を受けるには審査に通らなければなりません。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってる?

消費者金融などはボランティアでお金を貸しているわけではないので、返済能力のある人だけに融資をするのです。

いざ審査に通ったとしても、はじめの利用では借りられる限度額は、下限に設定されることがほとんどです。その理由は実績がないからなのです。

いくら審査で返済能力ありとみなされても、実績がなければいきなり多額の融資を受けることは難しいのです。

それでは、カードローン借入額を上げる方法はどうしたらいいのでしょうか。

まずは実績を作ることです。借りては返すという実績を少なくとも半年は作るべきと言われています。

ただ、半年実績を作れば必ずしも審査に通るわけではありません。

保証会社によって審査基準は決まっているので、その項目から総合的に判断されるのです。

どうしても増額したい場合、増枠ではなく他社から借り入れる方法もあります。

消費者金融からの借り入れは、総量規制によって年収の3分の1を超えてはいけないとなっているので、物理的にはその金額を超えていないなら、他社から借り入れが可能です。

ただ、消費者金融の方で3社以上からの借り入れは原則禁止しているので、多くても借り入れは3社でとどめておくのがいいでしょう。

もちろん、4社目の審査に通る場合もありますが、複数社からの借り入れがあると、返済が大変ですし、手数料も多くかかってしまいますのでご注意ください。

カードローン借入額を上げる方法はとにかく実績を作ることです。

借りては返すという実績を繰り返すことで、返済能力がある信頼に足る人物とみなされます。そうすれば借り入れ額を上げてもらえる可能性が高まるのです。