無職のカードローンは可能かどうかが心配です!本当ですか?

訳あって今は無職です。生活が心配で、困った時に便利なカードローンを作ろうと思うのですが、無職ではカードローンは作れないとよく聞きます。本当なのでしょうか?

無職の状況しだいで難しくはありますが可能性はあります

一般的に無職はカードローンの審査に通らないと考えられます。それは、安定した収入がないからです。

カードローンの条件には安定した収入が必要とあります。

それがあるかどうかがポイントになりますが、大抵の場合、無職はその安定した収入がありません。

ただ、無職にもいろいろあり、場合によっては収入がある場合もあります。というのは、アルバイト、パートの考え方によります。

アルバイト、パートも定職とは言い難いので無職と言えば無職になります。

しかし、カードローンの申し込みの際に、アルバイト、パートも借り入れ可能と表記されている事もあります。

アルバイトなどでも継続的に続けていれば、安定した収入となり、カードローンの審査に通る事ができるのです。

年金も場合によっては安定した収入に考えられる場合もあります。

これも会社によって対応が違うので、確認が必要でしょうし、年齢によっては条件に当てはまらないかもしれないので要注意です。

これらのように無職でも安定した収入があれば、検討の余地があるでしょう。それは、職業として表記しづらいネットビジネスをしている人も当てはまります。

会社により判断が違いますので難しい所でしょうが、まったく収入が無いわけではないので、自営業などと申請の仕方を工夫すればいけるでしょう。

また、専業主婦も無職になります。しかし、専業主婦でもカードローンに申し込むことができる事があります。

配偶者に安定した収入があり、配偶者の同意を得られる場合です。

その場合は、配偶者の所得証明の書類や同意書が必要なので手間はあるかもしれないですが、配偶者の許可を得られればカードローンを作ることはできるでしょう。

配偶者に内緒の場合はこの方法は難しいですが、専業主婦でも対応してくれる会社も少数ですがあるので、そのような会社を選ぶ方法はあります。

一番困るのは、無職でなおかつ収入が全くない場合です。この場合もまた、対応してくれる会社も全くないわけではないですが、かなり難しいでしょう。

中小企業では、大手と差をつける為に、無職でも借り入れをしてくれる所はありますが、かなり少数です。

下手をすれば闇金に当たるかもしれません。ですので、ないと思った方が無難かもしれません。こういう方は公的機関に相談する方が先だと思います。

総合的に考えると、無職でもカードローンは状況しだいで全くできないわけではないですし、銀行系よりは金融会社の方が審査は通りやすいとは言います。しかし、収入が無いと言う事は、返済が出来ないと言う事です。

会社は返済ができない人にはお金を貸してくれません。そう考えると、基本的に無職はかなり難しいと考えるべきでしょう。

また、カードローンの審査に通っても、限度額はかなり少ないのは覚悟しておかなければいけないでしょう。

【参考ページはこちら】
無職の年金生活者はカードローン利用できる?

無職のカードローンは可能か、条件付けなら可能です

無職のカードローンは可能か、これは基本的に無理です。特に消費者金融は年収の1/3までと言う総量規制がありますので、無職で収入がない人は当然無理です。
(⇒無職だけどお金を借りたい!

カードローンは消費のためのお金を借りるものですかた、それを支払うには必ず収入が必要です。無職で無収入の人は利用できないわけです。

ただし専業主婦、あるいは専業主夫であるばあいには、自分の収入がなくてもカードローンを利用できます。(こちらもご参考に→専業主婦でも即日融資できる?

この場合は消費者金融はだめで必ず銀行系でなければなりません。

また全ての銀行が対応しているわけではありませんので、専業主婦の人も歓迎しているところを選んで申し込むのがいいでしょう。

この場合は配偶者の人に収入があることを前提としているわけですが、だからと言って配偶者が保証人になるわけではなく、それどころか連絡すらありません。もちろん配偶者の人の収入証明書や在籍確認もありません。

つまり黙ったまま申し込み利用できるのです。ただし利用できる金額は多くはありません。通常上限金額で50万円までです。場合によっては30万円以下の場合もあります。

金利も銀行系として借入額が少ない所為もあって高めになります。

この様に専業主婦が配偶者の収入があることを前提に銀行系カードローンを利用するのが唯一の例外として無職でカードローンを利用する方法になっています。

これ以外に例えば派遣会社に籍だけ置いて無職でないように装うとか、実体がないのに自営業として申請するとかそういう方法が紹介されていることがありますが、これは当然虚偽ですので場合によっては犯罪となります。

また勤務実体のない派遣社員は実際には収入がないのでそのことは直ぐに知られてしまいますので実際にはカードローンの審査が通らない可能性が高いと言えます。

今の制度では消費者金融では無職の人は無理です。

銀行の場合には制度的には無理ではありませんが、実際には審査が通りません。返済できないからです。無理をしないで就職してから利用しましょう。