避けるのは無理ですか?カードローンで会社に連絡行くのかは

カードローンを申し込みしようと思うのですが、勤めている会社の方に連絡が来ると聞きました。

なるべく会社の人にはカードローンの事は知られたくないので、会社に連絡が来るのは避けたいのですが、どうしても避けられないものでしょうか。心配です。

基本的には避けられないですが方法がないわけではありません!

カードローンを申し込む際に、審査があるのはどなたでもご存じだと思います。

これは、借り入れを希望している人が、実際にお金を借りた際、きちんと返済できるのかどうかを判断するためです。審査では、年収を始め、会社の勤続年数や家庭環境まで聞かれたりします。

もちろんプライベートの事を根掘り葉掘り聞くのではなく、返済が滞りなくできるかどうかを判断するために必要だから行われます。

例えば、会社に勤めてすぐの場合だと、本当に会社を続けて収入が続くのか、すぐに会社を辞めるようだと返済ができなくなるのではないか。

家に固定電話がなくアパート住まいだと何かあった時にすぐに引っ越して行方がわからなくなってしまわないか、など。

もちろん個人情報の扱いは気を付けているでしょうが、必要事項として聞くのです。

審査を行っていく中で、最終的に会社への連絡が入ることがあります。在籍確認といい、本人の申請通りに会社勤めをしているかどうかを確認するのです。

本人がたまたま席を外していて、その場にいなかったとしても、その会社にきちんと在籍しているかどうかの確認なので、無理にその為に席にいなくてはいけないわけではありません。

他の人が電話に出たとしても本人が会社に在籍しているのが確認できれば問題ないのです。

もし、自分で電話に出れたとして聞かれるのも生年月日などの簡単な事なので電話内容にも不安を持つ必要もありません。

今時は当然の事なのでしょうが、会社にカードローンを申し込んだことを知られたくないという人が案外多く、在籍確認自体を不安に思う人はいるでしょう。

しかし、これは基本的には、必ず行われる事なのです。

ですので、不安に思う人の為に、金融会社や銀行などは配慮しながら電話をしてくれます。金融会社や銀行の名前を出さずに個人名で電話を掛けるようにしています。

または、違う会社名を使って電話をすることもあります。

それでも、電話受付の人には、受付の勘でしょうか、なんとなくわかる人もいますし、個人情報に関係して個人名で会社に掛かってきた電話には対応しないような会社もあります。

余程の事が無い限り、個人名で会社に電話が入る事などめったにない所もありますので、そういう所は不審者対応として電話受付では受け付けないこともあります。

そんな場合はどうするのか。事情を説明して、別の方法を取ることもあります。

ようは申し込み者本人が申請通りの会社に勤めているのかを確認できればいいのです。

よくある方法として、源泉徴収票の提出を求めたり、申請した頃間近の給料明細の提出を求めたりする事があります。

この情勢を踏まえて金融会社がすでに対応しているカードローンもなくはないのです。もちろん、まだまだ全ての銀行や金融会社が対応している訳ではありませんが。
(⇒カードローンを利用できる会社を教えて!

どうしてもと言う方は、まずは、申し込み時に在籍確認について相談するのも一つの手でしょう。オペレーターが相談に乗ってくれて、対応してくれるでしょう。

【参考ページはこちら】
審査が通りやすいカードローン会社は?

カードローンの在籍確認の電話は会社に連絡行くのか

カードローンは、銀行などで借りることが出来る融資であり、普通預金口座を開設していたり、ローンを新規契約することで利用することが出来ます。

カードローンを利用するには、年齢や収入などの利用条件を満たす必要があります。金融機関では、利用条件の確認の為に、申込時に本人確認書類の提出を求めます。

また、利用者がお金を借りる額によって、収入を証明する書類の提出を求めることもあります。

カードローンの審査は、本人確認書類や収入証明の書類、信用機関での信用情報の問い合わせなど複合的に行われ、返済される可能性があるかどうかをコンピューターを使って判断します。

申込者が実在するのかを確認する為に申し込み書類に記載された連絡先に電話を掛けて確認を行います。

「会社に連絡行くのか」と考える人がいますが、会社に連絡が行ってもローンの確認電話であることが分からないように配慮されています。

在籍確認の電話は、申込者が会社に在籍しているかどうかを確認するだけですので、申込者が社内にいなくても不在であることが分かれば確認は通ります。
(⇒電話連絡なしのカードローンってあるの?

複数の金融機関から融資を受けている人は、申し込んだ金融機関の数だけ審査がありますので、毎回在籍確認を受けることになります。

審査を通過すれば、本契約を結んで、普通預金口座やATMを通して融資や返済を行なうことが出来ます。

融資されたお金の使い方は制限されていませんが、事業性の高い使用用途に関しては利用が認められていませんので注意をしなければいけません。

カードローンは、限度額によって金利が変わり、融資額が多いほど金利が低くなっていく仕組みになっています。

返済方式には残高スライドリボルビング方式が採用されていますが、期日前返済や一括返済を行なうことで短期間の返済が可能であり、金利の総額を抑えることが出来ます。

カードローンは、計画的に利用していくことが利便性が高くなる融資サービスです。資金を短期間に集めたいなど様々な用途で使えるのが魅力です。