三条信用金庫のカードローンは2種類あるの?どう違うの?

私は新潟県三条市に住む金属加工会社で働く会社員ですが、前の台風で自宅の屋根の修理をしなくてはならずまとまったお金が必要になりました。

急なことなので手持ちの資金が足らず三条信用金庫のカードローンを利用しようかと考えています。

少し調べたら同行のカードローンは2種類あるみたいですが、どう違うのでしょうか・

2種類あり、利用限度額の大きさに大きな違いがあります

三条信用金庫のカードローンには「きゃっする500」と「マイポケット」の2種類があります。

前者は利用限度額が50万円以上500万円以下の高額利用者向けで、後者は利用限度額が10万円~100万円までの低額利用者向けとなっています。

金利については高額利用になれば前者が低くなり有利ですが、低額利用の場合では後者の金利が低くなることもあるので利用額によるローンの選定が重要となります。

三条信用金庫は明治33年の創業という110年ほどの歴史をもつ金融機関で、地域に密着しながら住民や企業の資金ニーズを支えてきました。

この三条信用金庫もカードローン事業を強化しており、「きゃっする500」と「マイポケット」の2種類のローンを用意しています。

きゃっする500の特徴は、利用対象者がパート、アルバイトや専業主婦を含めるなど幅広くなっています。(こちらもご参考に→主婦でも審査に受かるカードローンを教えて!

契約極度額は50万円以上500万円以内(10万円単位)の46種類で設定され、実際の利用限度額は10万円~500万円の間で審査により決定されます。

金利は固定金利で5.800%~14.500%の間で利用限度額などに応じて決められます。

一方、マイポケットの特徴は、利用対象者は保証基金の保証が受けられる満20歳以上65歳未満の人ときゃっする500と同様に幅広くなっています。

融資極度額は10万円、30万円、50万円、100万円の4種類となっており、各々の極度額内であれば反復しての利用が可能となっています。

金利は固定金利で13.3%ですが、住宅ローンの利用のある人は金利が8.8%になるサービスも行われています。

きゃっする500とマイポケットの違いは細かい点ではいくつもみられますが、大きな違いとしは利用限度額と金利といえるでしょう。

前者の利用限度額は最大500万円までとなっているのに対して後者は100万円までなので、前者は高額利用者向けで後者は低額利用者向けといえます。

特に後者は日常生活でちょっと不足したお金を気軽に賄えるという役割の位置づけになっているようです。

金利の面では前者は5.800%~14.500%と幅広く、利用限度額が高額になるほど低くなり利用価値も高まります。

後者では基本13.3%と一定で、4種類の限度額での差はありません。

100万円を超える高額利用では前者の金利は低くなっていき有利になりますが、100万円未満の利用では後者のほうが低い場合もありそうです。

特に住宅ローンを利用している場合後者の金利は8.8%になることもあるので大変お得です。

つまり、100万円を超える高額利用ならきゃっする500、100万円未満の低額利用や住宅ローンの利用のある場合にはマイポケットが有利になる可能性が高くなります。

ご自分の利用ニーズを考え、その想定される利用限度額を参考にどちらかを選択すればよいのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
信用金庫のカードローンってどうなってるの?

住宅ローンを利用していればお得な三条信用金庫のカードローン

三条信用金庫には、さんしんカードローン「マイ・ポッケ」とカードローン(きゃっする500)の2種類があります。

「マイ・ポッケ」の特長は、当金庫のATM・CDはもちろん、全国にある信用金庫やコンビニATMでご利用できることです。

また、お使い道は自由で、担保や保証人が不要なことです。

さらにご融資の年利率は年13.3%になりますが、当金庫で住宅ローンを利用している方は特別金利の8.8%に下がります。

ご利用いただける方は、当金庫の会員もしくは会員の資格があり、しんきん保証基金の保証を受けられる申込時満20歳以上65歳未満の方です。

ご融資金額の極度額は10万円、30万円、50万円、100万円の4種類があり、3年間の期間ですが自動更新となります。

返済方法には、定例返済と随時返済の2種類があります。

定例返済は極度額が50万円までのときは毎月1万円、100万円のときは毎月2万円となります。

随時返済は1千円以上1千円単位で任意の金額を任意の日に返済ができます。

2つ目のカードローン(きゃっする500)は専業主婦・パート・アルバイトの方にご利用できる商品です。(こちらもご参考に→カードローンを利用できる職業とは

しかも今まで当金庫に取引のない方も利用でき、手続は運転免許証などの簡単な書類で申込みができます。

審査は平日15時までの申込みがあれば原則当日までにその結果を連絡いたします。申込み方法は、店頭・電話・FAX・インターネット・モバイルサイトの5タイプがあり、希望の方法を選べます。

ご利用いただける方は、信金ギャランティの保証を受けられ、申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の方で、継続安定の収入があり、住所か勤務先が当金庫の営業区内にあることです。

専業主婦の方は配偶者に安定した収入があることが条件となります。ご利用極度額は50万円以上500万円以内で10万円単位に46種類あります。

利率は市場金利を指標として当金庫が定めた金利で、これも定例返済と随時返済の2種類があります。