同時期に何社ものカードローン審査を頼むと何故だめなのか?

私は以前消費者金融のカードローンに申し込んで審査に落ちたことがありますが、今度はどうしても利用したいので3~5社ほどに申し込もうかと思っています。

しかし、そのことを友人に話したら同時期に多くのローンに申し込むとよくないと忠告を受けました。

同時期に何社ものカードローン審査を受けると何故だめなのでしょうか。

契約できないとリスクの高い人とみられ審査通過が困難になります

カードローンの審査が厳しいとみられているためか申込者の中には同時期に多くのローンの審査を受けようとする人がいますが、逆に審査の通過が難しくなることもあります。

ローンに申し込んだ情報は信用情報機関に記録され、申し込めばその分だけ記録は残ります。

申込者がローンに契約できないとその後の申込先によってその情報が確認され申込者は契約できないリスクの高い人として警戒されるので、その後の審査が厳しくなります。

2014年3月末時点での大手ローン事業者の新規契約率をみるとトップでも50%に届いていません。

つまり、大手カードローンに申し込んだ人の半分以上が契約できていないという審査の厳しさを物語っているといえるでしょう。

そうした状況を反映しているかどうかは不明ですが、同時期に多くのローンに申し込む人も少なくないようです。

しかし、ただ闇雲に次々と申し込んでいくと結果的に状況を悪化させるかもしれません。

ローン事業者は消費者から申し込みを受けると審査のため信用情報機関に申し込みのあったことを報告し信用情報を入手しようとします。

一方、信用情報機関のほうではその事業者からの申し込みがあったことをその申込者の信用情報に記録することになっています。

この記録の作業はローン事業者から信用情報の照会があるたびに実施されるので、その消費者が多くのローンに申し込めばその分だけ記録が残るわけです。

そのように多くのローンに申し込んでいる申込者はローン事業者からどのように映るでしょうか。

おそらく多くのローンに断られたリスクの高い人、問題がありそうな人、というように警戒されるに違いありません。

そして、当然厳しい目で審査が行われ評価されることになるでしょう。

ケースによっては一定以上の申し込みのある場合はそれだけで不合格になることもあるかもしれません。

このような状態になっている人のことを業界では「申込ブラック」と呼んでいます。

実際の信用状況や返済能力とは直接的に関系なく、申込ブラックになってしまうとそのために審査が通りにくくなるのです。

したがって、同時期に多くのローンに立て続けに申し込むのはより審査通過を困難させるので避けるべきです。一般的には3社までにするのがよいといわれています。

もし3社で審査に通らない場合は半年ほどの期間をあけるのがよいとみられています。

この期間が適切かどうかの判断は難しいですが、それくらいの間に信用状況や返済能力の改善に取り組みその後にあらためてローンに申し込むのが上策といえるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
カードローンは2社同時に申込んで大丈夫?

カードローン何社も審査を頼むとだめなので注意しましょう

パソコンやタブレット、スマートフォンなどが壊れると、仕事に差し支えることがあるので、急いで買い替えなければならない場合がありますが、それが給料日前だと、財布の中身がほとんどないので困ってしまう方もあるでしょうね。

しかし仲の良い周囲の誰かに、5万円や10万円のお金を借りて、あとで人間関係が悪くなると、一生後悔することになりかねないので、そんなときにはカードローンを利用して購入するようにしてください。

カードローンを利用すれば、申し込み後に審査に合格すれば、すぐにお近くの提携金融機関のATMやコンビニATMから、カードを使ってお金を引き出せるので、これほど便利なものはありません。

カードは銀行または消費者金融の店舗へ行くか、電話やインターネットで申し込めば作ってもらえるので、一枚ぐらいは持っておくようにしましょう。

ただし、カードローン何社も審査を頼むとだめなので注意するようにしてください。

消費者金融や銀行などのローン会社も商売ですから、借りたお金は必ず返してもらわなければなりません。

しかし同時に何社もの審査を頼んでいる方の場合は、本当に返済する気があるのかどうか、借りるだけ借りて、そのまま返さないのではないかと、返済能力を疑われてしまうので、審査で落とされる確率が高くなります。

ゆえにカードローンを申し込むときはまず一社だけを利用し、もしそこの審査に落とされたら、次は別の会社に申し込むようにしてください。

金利が低いという理由で、銀行ばかりに申し込んで落とされる方がありますが、銀行は消費者金融と比べると審査が厳しいので、他社への借り入れが残っている方の場合は落とされることがあります。

しかし消費者金融であれば、他社への借り入れがひとつかふたつぐらいで、金額も多くない場合は合格することが多いので、銀行の審査に落とされた方でも通る可能性があります。

ですがたとえ消費者金融であっても、カードローン何社も審査を頼むとだめなので、同時の申し込みは控えるようにしましょう。