ブラックでもいける審査の甘い銀行カードローンは本当にないのか

私は5年ほど前にローンの任意整理をしたブラックですが、現在借金はなく生活も立て直しています。

任意整理から随分日も経っているのでできれば銀行のカードローンを利用したいのですが、やはりブラックでは借りられるかどうか心配です。

ブラックでもいける審査の甘い銀行カードローンはないのでしょうか。

ブラックの内容や状況次第で可能な銀行カードローンもあります

一般的に銀行だけでなく消費者金融などのカードローンでは金融ブラックがローンに申し込んでも審査に通ることは非常に難しいと考えられています。

しかし、過去に比較的短い延滞、任意整理や比較的少額な債務整理などを起こしたブラックでも現在の信用状況に改善がみられるなどの良好な場合には新興のネットバンクなどの一部の銀行で利用できることもあります。

金融ブラックとはクレジットカードやカードローンの支払いを契約通りに履行せず、支払の遅延・延滞、任意整理・債務整理や自己破産などを起こし、信用情報機関にその情報が記録されている人のことを一般的に指します。

つまり、過去に重大な信用事故を起こした信用リスクの高い人として認識されるので、カードローンなどの新たな利用が非常に難しくなっています。

そのため、銀行だけでなく多くの消費者金融でもブラックに融資を行うところは少ないといってよいでしょう。(こちらもご参考に→ブラックでも審査に通れるカードローンは大丈夫?

しかし、中小の消費者金融の一部などではそのブラックの内容をしっかり確認した上で少額の融資を実行することもあるようです。

中小事業者の場合は大手と比べると申込者の数が少ないのである程度のリスクをとらないと利用者を確保しにくいためかもしれません。

一方、銀行の中でもネットバンクなどのローンの一部でブラックの人が融資を受けられたという情報が時々みられます。

情報が少ないためそれほど信頼性が高いとはいえませんが、そうしたネットバンクは専業主婦を利用対象者に含めるなど審査が甘いという口コミ情報も少なくないので、まったくのデタラメとも思えません。

また、ブラックの内容や状況も申込者ごとに異なるので、比較的軽度の事故なら利用できる可能性はありそうです。

あなたの場合は5年ほど前の事故なのでその情報が信用情報機関に残っていない可能性もあるので確認してみてはどうでしょうか。

もし残っていなければ銀行ローンでの利用は十分期待できるはずです。

もし残っていてもその内容次第では利用できるところもあるので、ネットバンクなどに相談するのがよいでしょう。

【参考ページはこちら】
絶対に審査に通れるカードローンを教えて!

ブラックでもいける審査の甘い銀行カードローン

ブラックとは主に信用情報機関の事故情報に登録された人のことであり、要は信用情報を損なった人を指します。

ブラックに登録されるにはさまざまな条件がありますが、もっとも多いのが「延滞」です。

カードローンなどを過去に利用した人が期日までに返済できなかった場合にブラックリストに登録されることがあり、たいていの場合は三か月程度の延滞で事故情報に登録されてしまうといわれています。

前述したようにブラック登録されるにはさまざまな理由が存在し、延滞以外にも債務整理や自己破産など多岐にわたります。

ブラック入りしてしまうと信用情報が落ちてしまい、各種カードローンの審査に通過する確率が減ってしまうものの、延滞はブラック入りする理由としてはもっとも軽度なものであり、問題なく利用できるカードローンも豊富にあります。

一般的にカードローンは消費者金融系と銀行系の二種類が存在しており、消費者金融のほうが審査が簡単です。

むろんだから消費者金融のほうが銀行よりも優れているというわけではなく、審査が簡単で融資までの時間が短いものの、銀行と比べて金利が高く、融資限度額も低めという欠点も存在します。

ブラック入りしている場合は審査に落ちる可能性が高くなるため、より審査に通りやすい消費者金融を銀行よりもおすすめしますが、金利などの関係上どうしても銀行カードローンが使いたい場合であってもブラックでもいける審査の甘い銀行カードローンは存在します。

特に最近では銀行と提携している消費者金融やもともと消費者金融であったものが銀行に吸収されたものなどが存在しており、これらのキャッシング業者は審査が通常の銀行よりも通りやすいというメリットが存在します。

また、知名度も高いものが多く、ヤミ金などの悪徳業者にひっかかる可能性も非常に低くなります。

ヤミ金とは貸金業法に反した貸出を行う業者であり、審査不要などの看板を掲げている場合も多く存在しますが、違法な金利をつけてくるので決して利用してはいけません。