消費者金融と銀行カードローンの違いはどういったところですか

消費者金融と銀行のカードローンのどちらに申込もうか迷っています。

そもそも消費者金融と銀行のカードローンの大きな違いはどんな事なのでしょうか。

審査はやっぱり銀行の方が厳しいのでしょうね。

それなら消費者金融にしようかとも思います。どうすれば良いのでしょうか教えて下さい。

消費者金融は総量規制、銀行は対象外、金利以外もここが違います

消費者金融のカードローンも銀行のカードローンも審査の基準はそれ程差はありません。
(⇒カードローンの審査基準を教えて!

銀行のカードローンは金利をかなり低めに設定しています。

消費者金融は以前に比べるととても良心的な金利設定にはなっていますが銀行のそれにはまだ及びません。

この金利の違いはどこからきているのでしょうか。

消費者金融は以前より利息制限法とは別に刑事罰になるぎりぎりの金利を設定していた時期があります。

かなりの高利になるこのような設定をしていたのはその当時の消費者金融の顧客の質が影響していたと言う事もあるのです。

審査はもちろんするのですが、少しくらいのマイナス要素があっても申し込んだ顧客は受け入れていた時期があったのです。

これはたとえ回収出来ない事があってもそのリスク分は充分金利で補えたからです。

その点銀行は顧客の質に拘り、必ず100%回収するを目標に顧客の審査にあたります。

その為回収不能と言う事故が消費者金融に比べるとずっと少なくなります。

リスクが少ない分金利も低く設定でき、それが今に至っています。

このように書くと、それでは銀行の審査が厳しくて消費者金融の審査が甘いと思われがちですが、そんな事はありません。(こちらもご参考に→審査が甘いカードローンなら主婦も使える?

どちらも審査基準に合わせて審査しているのですから、そんなに恐れる事もないのです。

もう一つ大きな違いが消費者金融には総量規制が適応され、銀行のカードローンは総量規制対象外だと言う事です。

総量規制というのは多重債務者が多くなるのを防ぐ為に出来た規制で借入れの限度額の総額が年収の3分の1を超えてはいけないと言う法律です。

この為、どんどんと顧客を増やしていた消費者金融はすべての顧客の見直しをしなくてはならなかったのです。

もしも今のカード以外に使っていなくても限度枠を取っているカードがあるのなら、消費者金融では新しいカードに申込む事が出来ない可能性もあります。良く確認してみて下さいね。

このように消費者金融と銀行のカードローンには違いがあります。各ホームページに行くと、それぞれの良い所が分るので、ゆっくり考えられると良いと思いますよ。

そして申込み条件などもしっかりと確認した上で申込むようにして下さい。

消費者金融と銀行カードローン違いは総量規制

元々消費者金融と銀行カードローン違いは金利でした。

これは以前は消費者金融は違法金利でありながら罰則規定のないグレーゾーン金利を請求していて、それに対して銀行カードローンは当時から合法的な金利水準になっていたからです。

しかし今は利息制限法の改正でグレーゾーン金利はなくなり、消費者金融も銀行カードローンと同じ利息制限法に従うようになり、金利に大きな差はなくなりました。

では同じものになったのかと言えばそうではありません。

同時の行われた貸金業法の改正により、消費者金融には貸し付け金額の上限を制限した総量規制が出来たからです。

この総量規制は上限額を100万円以下、更に年収の1/3以下と決めたものですが消費者金融を規制するのもので、銀行カードローンや自動車ローンなどは規制対象外となっています。

今はこの総量規制の有無が消費者金融と銀行カードローン違いとなっています。

総量規制がないために銀行カードローンは100万円以上の融資が出来ます。

このために多くの銀行カードローンは300万円以上の上限額を利用できるようにしています。(こちらもご参考に→カードローンの上限についてもっと詳しく

また年収の少ない人は消費者金融ではその1/3までしか融資できないために特に専業主婦の人に融資できなくなってしまっています。

こういう総量規制で消費者金融が失った顧客を銀行カードローンが取り込んでいるのが現在の状況です。

この為に信用力高いローリスクな顧客は銀行を利用し、逆に年収のない専業主婦も銀行を利用するようになっています。

消費者金融はこの結果かなりリスキーな顧客をも融資の対象としています。

例えば任意整理のブラック情報が消えていない顧客にも融資する消費者金融が出始めています。そういう融資は銀行はしていません。

また銀行は信用力があれば思い切った低金利での融資を行ってもいます。無担保、無保証人のカードローンであっても年利2%台の住宅ローンのような低金利のものさえあります。

この様に今はかなりかっきりと住み分けが出来てきています。

利用者は自分の属性と必要金額に応じて選んで利用するのが重要となってきています。

【参考ページはこちら】
審査の甘いカードローン、どうやって判断する?