カードローン審査借入限度額のめやすって大体どれくらいなの?

僕はこれからカードローンの申し込みをしたいと思ってるんだけど、借入限度額って、どれくらいに設定しておくのがいいんだろう?

全然わからないから、なんとなくでもいいのでめやすを教えてほしいな。だいたいどれくらいなの?

カードローン審査の限度額設定は年収によってめやすがかわります

なるほど、カードローンの申し込みをしてみようかと思っておるのじゃな。

審査の時に希望する借入限度額をどれくらいにしたらいいのかということじゃが、これはその人の年収によって違ってくるぞ。

また、銀行カードローンなのか、消費者金融カードローンなのかによっても変わってきたりもするが、ここでは始めてのカードローン審査ということにし、どちらでも考えられるようなパターンとして説明していこう。

総量規制というものを知っておるじゃろうか?これは貸金業法という法律の中の一部で、平たく言うと「借り入れは年収の三分の一まで、それ以上は借り入れできませんよ」と決められたものじゃ。

これは消費者金融カードローンに適用される。銀行カードローンは貸金業法に当たらないので、規制外じゃ。

この「年収の三分の一」というものをキーワードに考えていくと良いのじゃ。

消費者金融ではこの総量規制があると説明した。

つまり、借入限度額は、どんなに頑張ってもその人の年収の三分の一以上にはできないということになる。

そのカード会社の最高限度額が500万円までとしていたとしても、年収が300万円しかない人は、100万円までしか設定できないということじゃな。

したがって、その金額よりも少なめにしていくと良い。

例えば学生や主婦など、パートやアルバイトをしている人の収入は高くはないじゃろう。

年収が100万円を超えていない人も少なくないじゃろうな。

このあたりで考えて年収を120万円とした場合、最高借入限度額は40万円まで、ということが算出される。

この最高借入限度額まで達するということは、カード会社はその人に対する信用性が最高であるということも意味する。

まったくカードローンを利用したことがなく、信用性が未知数の人に対してこの最高借入限度額まではじめから貸し付けをするということはまずないじゃろう。

したがって、これより低い金額、さらに三分の一から二分の一くらいをめやすとするのがよいじゃろう。

この場合は、10万円~20万円あたりが妥当ということになるな。この金額で希望を出しておいて、カード会社が差し引きを判断するのじゃ。

希望額が10万円であっても、20万円までOKとしてくれる場合もあれば、逆に20万円を希望していても、はじめは10万円までと判断されることもある。参考にしてみてほしい。

【参考ページはこちら】
カードローン限度額に関するおすすめQ&A

カードローン審査借入限度額のめやすは情報から推測する

現金に関する悩みは誰でも持っているものです。給料が少なくて、翌月までの生活費が足りない一人もいるでしょう。

そういった、現金に関する問題はたくさんあるので、きっちりとした現金の調達方法を知っておくべきです。

現金の調達の方法の一つとして、企業と正式に契約をして金銭的なやりとりをすることができます。

この方法のことをカードローンと呼んでいます。適切に利用することで、現金に関する悩みを解消することができます。(こちらもご参考に→カードローンに関するおすすめQ&A

はじめて利用する場合には、適切な知識を身につけることがなによりも大切です。知識を身につけていれば、利用するときに有利になるように選択ができます。

まずは、企業の選び方を知っておきましょう。

全国的に有名な企業は、利用者数が多く、安心して借りることができます。全国で利用ができるので、旅行にいったときも便利でしょう。

地域に密着している企業は、審査の基準が全国展開をしている企業よりも優しいところもあります。どちらの企業を利用するかは、利用者が判断するといいでしょう。

借り入れをするときには、申込をする必要があります。申し込みの方法も企業によって異なります。インターネットと無人契約機が主流となっています。

インターネットは、スマートフォンを利用すればいつでもどこでも申し込みができます。無人契約機は、営業時間があるので気をつけましょう。

必要な書類と情報を提出すれば、企業による審査が行われます。カードローン審査借入限度額のめやすは企業の審査基準によって異なります。

同じ利用者であっても、利用する企業によって借入限度額の目安が変わってくるのです。

借入限度額の目安は、企業のホームページの情報だけでは判断ができません。既に利用したことがある人の意見を参考にしましょう。

既に利用したことがある人の情報がのっているのが、口コミです。年収や職業が同じ場合には、参考にすることができるでしょう。

参考にするときには投稿日付に気をつけましょう。