銀行カードローンの中で在籍確認がない審査がゆるいのってある?

私はカードローンを使ってみたいと興味を持っていたのですが、これまでずっと手をつけずにいました。

自身の手でやりくりをきちんとしてさえいれば、そんなものは必要ないだろう、と思っていたのです。

ですが、やはりどうしてもあったほうが便利だ、ないと困る!といった局面になんどか遭遇し、その場は友人の助力を得て切り抜けられたのですが、何度も友人に頼るわけにもいきません。

そうして、カードローンの申し込みを、思い切ってやってみようという思いに至ったのです。

カードローンには、信販会社のもの、消費者金融、そして銀行の運営するものがあるということまでは調べてわかりました。

私としては、やはり、利率の低い銀行カードローンを利用したいと考えています。

しかしこれだと、審査が厳しく、勤務先への電話連絡があるというようなことも耳にしました。

同僚や家族にはカードローンを利用することは知られたくないので、この審査なく利用できるものがあれば教えていただきたいのですが、いかがでしょうか?

銀行カードローンの審査でも在籍確認が省略されることもあります

なるほど、では、銀行カードローンの審査についてお伝えしよう。

よく調べてある通り、銀行カードローンは消費者金融のカードローンなどと比べて、有利な点が多いが、その分、より多くの信用性が求められる。

審査がその分、厳しくなるということじゃな。じゃが、そんな銀行カードローンの中にも、審査が甘くて済むものあるので、一例を紹介しよう。
(⇒審査が甘いカードローンをお探しの方はこちら

それは、申し込みの段階で、条件を選べるものじゃ。たとえば、希望する借入限度額が、○○万円までなら、かんたんな審査で済む、というものがある。

通常のカードローンに比べて少ない項目でよく、審査の難易度も低めになっている。収入証明書の提示なども省略され、在籍確認もされない可能性が高い。

しかしその分、最大借入限度額が低く、それ以上に上げたくなった場合は、改めて手続きをとらなくてはならない。

いかがじゃろうか?まずはこういったサービスを探すというのはありじゃろう。しかし、よくよく考えてみて欲しい。

なにも、在籍確認にこだわる必要はないかもしれんぞ。なぜなら、銀行カードローンの在籍確認でも、それがカードローンからの電話だと絶対に知られないように在籍確認をしてくれるものもあるのじゃ。

問題なのは、在籍確認があるかどうかということよりも、身近な人にバレないことのほうが重要なのではないだろうか?

そうなのであれば、なによりもバレにくいシステムをとってくれるカードローンを選んだ方がよいと思うぞ。

身近な人にバレてしまう可能性があるのは、他にも郵便物がある。利用明細書などが送られてきた場合、それを見られてしまってバレてしまうということも考えられる。

しかし、それら郵便物を一切なくして、インターネットでの処理のみにできるものも増えてきているのじゃ。

まずは、銀行カードローンを取り扱っているところに問い合せて、バレないように利用したいという旨を相談してみるとよいじゃろう。

適切な手続きの方法を教えてくれるじゃろうし、そういったサービスがまだないところであれば、断られるじゃろう。参考にしてみてほしい。

【参考ページはこちら】
カードローンは自宅に在宅確認もある?

銀行のカードローンよりゆるい審査は?在籍確認とは?

銀行のカードローンは金利が低いので人気が高いですが、審査基準は他の金融機関よりも厳しくなっています。

そのため、パートやアルバイトなどの短期雇用の人や既に他社からの借り入れがある人、勤続年数が短い人などの条件的に不利と思われる人の多くは、より審査基準がゆるい消費者金融系のキャッシングを優先的に利用している傾向にあります。

消費者金融系の融資は金利は高めですが、申し込み手続きが簡単で、自宅や外出先などで申し込み手続きを完結させることができます。

また、融資スピードも早く、申し込みをしたその日のうちに現金を受け取ることができる業者も少なくありません。

審査基準も継続的な安定した収入があり、業者が独自に定めている範囲内の年齢であれば申込みができますので、気軽に利用することができます。

ただし、どこの金融機関で借り入れの申し込みをするにしても、在籍確認の電話は受ける必要があります。

これは申込書に記載した職場に本当に在籍しているかどうかを確認するために業者がかけてくる電話で、内容自体は干支などを聞いて本人確認をした後、実際に申し込みをしたかどうかの確認をする程度です。
(⇒在籍確認なしの銀行カードローンはある?

かけてくるときには業者名は名乗らずに、担当者の個人名などで連絡を入れますので、他の人が電話を取り次いだときにも借り入れをしていることは知られずにすみます。

消費者金融系の場合、これらの審査は大体数十分程度で終了し、契約内容に同意したらすぐに融資を受けることができます。

銀行の場合にはかなりの開きがありますが、早いところで当日の内に仮審査の結果が分かり、翌日以降本審査となっているところが多いです。

借入先の決め方については、急いでいるとき、確実に借り入れをしたいときには消費者金融形を優先的に利用し、できるだけ安く借り入れをしたいというときには銀行系に挑戦してみるなど、自分の希望や信用性などを見ながら借入れ先を選ぶようにすると良いでしょう。