無職だと銀行カードローンよりも消費者金融からしか借りれない?

私は今現在無職です。会社を辞めてから、もう随分と経ちます。

こんな私ですが、カードローンの申し込みをしてみようかなと思い、審査を受けてみるつもりでいます。

しかし、どのカードローンなら審査に通るかなど見当もつかず…そもそも収入が全くない私は、どのカードローンの審査にも通らないのでしょうか?

どちらかというと、消費者金融の方がどんな方にも利用できるチャンスがある、審査が甘く出来ているというようなことを聞いているのですが、やはりこちらからしか借りれないのでしょうか?

無職の場合審査に通る可能性があるのは銀行カードローンのほうです

なるほどですね!わかりました、では審査についてご説明しますね。

結論から言いますと、そういったケースの場合、審査に通る可能性があるのは、消費者金融ではなく、銀行カードローンのほうですね。

でもだからといって、銀行カードローンのほうが審査が厳しいということが間違っている、というわけではないんです。これには、総量規制という法律が大きく関係しています。

総量規制は、消費者金融が対象となっている「貸金業法」のうちのひとつです。

これによると、年収の3分の1以上借り入れがある場合、新たな借り入れができないというように定められています。

ということは、そもそも収入がない無職の人は、全く借り入れができないということになるんですね。

それに対して銀行カードローンは、「銀行法」の対象となっており、これには総量規制にあたる条文はありません。

ですから、利用できる可能性が残されているのは、銀行カードローンの方ということになります。

しかしそれだけでは銀行カードローンの審査には通りません。通るためには、配偶者に安定した収入があることが条件になります。

銀行の中には、たとえ配偶者に収入があったとしても、自身に収入のない人への貸付は行っていないところもありますので、選択肢は多くありません。

いかがでしょうか?上述したように、自身に収入がない人がカードローンの審査に通るのは、容易なことではありません。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってる?

借り入れができる条件は満たっていないけど、それでもどうしてもお金を借りたい!ということになった場合でも、決して、無条件貸し付けを行っているようなところには手を出さないようにしてくださいね。

いわゆる法律を無視した貸金業者「闇金」などですね。この闇金に手を出してしまうと、人生が崩壊してしまう可能性だってあります。

想像もしていなかったような手口で、絞られるだけ絞られ、泣き寝入りを余儀なくされてしまうおそれだってあるのです。

大変かもしれませんが、まずは自身の手で収入を手に入れられるように心がけるようにしましょう。

【参考ページはこちら】
無職の人がカードローンを利用するには?

銀行カードローンはもちろん消費者金融でも無職は厳しい

大手都市銀行や地方銀行、近所の信用金庫、それに手軽で便利な消費者金融など、世の中には色々なタイプの金融機関があります。

そして、どの金融機関からお金を借りるにしても必ず審査があり、それにパスしなければなりません。

しかし基本的に考えて、その審査は決してとても厳しいとまでは言えません。確かに属性が低い人にとっては易しいとは言えません。

それでも、少なくとも平均的なレベルの社会人であれば、審査は特に厳しいものだとは言えません。

たとえば銀行カードローンを例に取ると、平均的な年収のサラリーマンで、特に他社からの借金も無く、過去に金融事故を起こしたりしていないような人であれば、通常、審査には通ると考えても間違いはありません。

ただし、収入が平凡であれば融資の最大利用枠は平均的なレベルの金額に収まるであろうことも間違いはありません。

いずれにしても金融機関の審査とは、その人が社会人として普通に働いていて、普通に収入があって、特にお金の問題も抱えていないような健全な人であれば、そんなにハードルが高いものではないのです。

ですから逆に言うと、社会人として普通ではない人、何かお金の問題を抱えているような人にとっては、審査は厳しいものであるとも言えます。

一例を挙げると、たとえば無職の人が銀行カードローンに申し込むとすると、無事に審査に通る可能性は低いと断言できます。

もしも無職でも、不労所得か何かの安定的な収入でもあれば話は別になりますが、もしも無職で無収入だということであれば、たとえ申し込んでも、その申し込み自体を受け付けてもらえないことでしょう。

同じことは消費者金融のような貸金業者にも言えます。

いくら銀行よりも易しい審査の消費者金融であったとしても、無職の人では審査は厳しいですし、無収入であれば審査落ちは確実と言わざるを得ません。

たとえパートやアルバイトでもいいので、まずは最低限の返済能力を身に付けてから申し込むようにすべきです。