カードローン増額が通りやすい理由を教えてください

30代の男性会社員です。某大手消費者金融のカードローンを利用し始めて1年くらいになります。

利用しているカードローンは、この1枚だけで他のカードローンの利用はありません。

そこで、そろそろカードローンの増額を申請してみようと考えているのです。

と言うのは、カードローンを利用し始めた頃よりも少しは年収も増えましたし、また今後カードローンでまとまったお金を借りるような事もあるかもしれないと思うからなんです。

そこでカードローンの増額が通りやすい理由について教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

増額通り易い理由の一番は返済実績なんです

わかりました。あなたのご質問にお答えしましょう。

どの金融機関のカードローンでも増額は可能ですし、また利用者の方から増額の申請もできます。

そして、増額をしてもらうには増額審査を受けて審査に通らなければなりません。

一方で、どの金融機関においても、増額に対しては慎重な姿勢を崩しません。

理由は、もし増額を認めて返済できなくなったり、返済不履行から債務整理をされてしまうと損失を被ってしまうからなのです。

それゆえ、カードローンの増額では、より確かな返済能力の有無を問われることになる訳なんです。

たとえば、返済能力に疑問符をつけられたり、返済能力に上積みが認められないと、なかなかカードローンの増額審査には通してくれないと考えて良いのです。

増額審査に落ちた場合には、逆に限度額を下げられたり、最悪のケースでは限度額をゼロにされてしまうこともあります。

それゆえ、どの金融機関のカードローンの増額審査も甘くない、むしろ厳しい審査になると考えた方が良いと思われます。

他方で、カードローンの増額が通りやすい理由と言うものはあります。まず何よりも大切な理由は、返済実績なのです。

しかし、単に返済実績を積めばいいと言う訳ではありませんよ。

返済の遅延や滞納の無いクリーンな返済実績を少なくても半年間、できれば1年くらいに亘って積み上げることなのです。

返済実績が多ければ多いほど、返済能力があることへの裏付けとなります。次に借り入れ実績も必要です。なぜなら、どの金融機関でもたくさんお金を借りてくれる顧客が良い顧客となるからなんです。

それゆえ、借り入れ実績もそれなりに積み上げておくことが増額審査では有利になると言って良いのです。

そして、最後の点は、年収の上積みがあることですね。

たとえば、年収300万円の人よりも年収500万円の人の方が年収が高い分だけ余力アリと見做されて返済能力が高いとされます。

そのことから年収が増えた時はひとつの増額申請のチャンスと言えます。ただし、年収が増えても借金が多いとプラス材料にはなりません。また、他社からの借り入れがあったりすると増額審査ではマイナスとなる場合が多いようですね。

それゆえ、カードローンの増額を希望するのであれば、他社から借りたり他社のカードローンに申し込まない方が良いでしょうね。

とまれ、カードローンの増額が通りやすい理由を簡潔に言えば、“返済能力の証明”と言ったことに尽きると思われます。

そして、現在以上に返済能力がある事実を融資側に説得することが増額に通りやすい理由のポイントになると言って良いでしょう。

【参考ページはこちら】
審査が通りやすいカードローン会社はある?

カードローン増額が通りやすい理由は3つあります

カードローンで融資してもらった額では足らなくなり、増額をしたい場合はどうすれば新たに融資してもらえるのでしょうか?

カードローン増額が通りやすい理由は、3つあります。1つは、融資申し入れ者の収入です。

最初に借りた際の収入より、増額を申し込む時点の収入が上回っていれば、審査は通りやすくなります。

融資額を決める判断材料は、年収がいくらあるかによります。収入が上がれば、その分返済能力も増したと判断され、増額の審査が通りやすくなるのです。

他社を含めて借入総額は、年収の3分の1未満と法律で決められていますが、それ以下の借入状況であっても、カードローンの利用期間や今までの返済履歴などで、借入額は変わってくることを覚えておいてください。

2つめは、今までの借入で延滞などの金融事故を起していないかどうかです。

金融事故を起すことなく、返済日までに返済されていれば、増額審査は通りやすくなります。たとえ1回でもあることが分かれば、難しくなるのです。

これは増額審査の場合だけではなく、他社のカードローン申し込みや、住宅ローンを組むときなどにもを影響してきますので、注意しておかなければなりません。

金融事故は、金融業界共有データとして管理されていますので、隠して申し入れしてもすぐに分かってしまいます。

金融事故は、一度でも起すと金融業かはもちろん社会からの信用を失うことになります。借入の申し入れをするとこは、このことを忘れずにいてください。

消費者金融や銀行が、縁もゆかりもない人にお金を貸すには、利息を付けて返済してもらい、商売として行っているのですから、返済できそうにない人に貸すことはありません。

3つめは、カードローンの契約期間です。契約して数日後の増額申請しても、通ることはないでしょう。

借入した会社と信用を築けるのは、1年以上はかかるものです。この期間に、延滞などの金融事故を起すことなくきっちり返済されていれば、増額審査が通りやすくなります。

カードローン増額が通りやすい理由には、信用をもってもらえるかどうかということです。信用こそが、融資を受ける最大の武器になるのです。
(⇒カードローンの上限増額審査は上がれば上がるほど難しい?