三菱東京ufjカードローンの増額方法を教えて

中小企業に勤めるサラリーマンです。妻に一旦月給は渡して、その中から自分のこずかいをもらっていいます。

実はオーディオが趣味で、結構高い音響設備を買ったり、部屋も改装したりして、最近お金がどんどんかかるようになってきています。

三菱東京ufjカードローンは前々から利用しているのですが、借入金の返済が順調なので、できればカードローンの増額をしたいと考えています。

増額するにはどういう手続きをとれば良いでしょうか。また、電話やインターネットなどで簡単に増額ができるのでしょうか。

増額の申し込みは窓口のみの受付になります

限度額の引き下げの場合は、窓口あるいはインターネットでも対応が可能ですが、限度額引き上げの場合は、窓口のみでの受付になります。

手続きの際には、本人確認書類は必須です。本人確認書類と届け印または、キャッシュカード、通帳をお持ちください。

本人確認書類として提出しなければならないのは、名前、住所、生年月日が書かれた書類です。

具体的には、運転免許証、航空免状、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降 交付のもの)、パスポート、外国人登録証明書・在留カード・特別永住者証明書(それぞれ写真付のもの)、住民基本台帳カード(写真付)、印鑑登録証明書(窓口に持参する日より前3カ月以内のもの。実印持参)です。

銀行の届け出印を持参する方は、以下の書類でも大丈です。各種年金手帳、各種福祉手帳、各種健康保険証、母子健康手帳、身体障害者手帳、 児童扶養手当証書などです。

限度額の変更を申し込んでも変更してもらえない場合があります。それは、過去のカードローンの返済が遅れている場合です。

しかし、あなたの場合は、過去に返済に遅れはないので、特に問題はありません。

また、一般的にカードローン利用から6カ月が経過しているか、または全額返済できているかなどが問われることもあります。

要は、増額しても返済に問題がないかがチェックポイントです。もし心配な人は、窓口に行く前に電話で増額できるかどうか相談してみると良いでしょう。

もう一つ気になるのは、他のカードローンの返済がないかということです。

まだ返済が残っている人は、早めに全額を返済すべきです。その後三菱東京ufjカードローンの増額を申し込みましょう。

他社の返済がある場合は、その分毎月の返済が負担になっているわけですから、返済能力に問題ありと見られるケースもあります。

複数のカードローンを利用するということは、金利も2倍払っているということです。どちらか一本にまとめた方が損がありません。

また、三菱東京ufjカードローンで増額をすれば、金利も下がりますからお得です。

【参考ページはこちら】
三菱東京ufj銀行カードローンの限度額はどのくらい?

三菱東京ufjのカードローンの増額方法を知って資金を集める

銀行では、カードローンという形で個人に対して融資を行っています。

個人向け融資を利用するメリットは、融資されたお金を自由に使うことが可能であり、成人で一定収入を得ている者であれば、審査を行なって通過することで融資サービスを受けられることです。

銀行で開設している普通預金口座があれば、この口座を通して融資を受けることが可能です。また、口座が無くても新規契約でカードローンを使うことが出来ます。

三菱東京ufjでは、預貯金に関するサービスや各種用途別の融資サービスや銀行振替サービスなどを顧客に提供しています。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローンのおすすめ情報

全国の支店にATMや窓口があるだけでなく、コンビニなどに設置されている提携ATMからも各種サービスを利用出来るようになっています。

カードローンの融資や返済は、ATMやCDを通して行われますので、いつでも融資を受けることが出来る環境が整っています。

三菱東京ufjの個人向け融資を利用する場合、ネットなどを通じて申し込みを行い、本人書類送付後に審査が行われて、審査を通過する必要があります。

数百万円などの大金を融資してもらいたい場合には、別途収入証明を行える書類の提出を求められます。

また、審査は増額を行なう時にも実施され、増額の場合、新規契約を行なう窓口とは違って、専用の窓口を通して申し込む必要があります。

増額を行なう方法は、専用窓口から申し込みを行い、収入を証明する書類を提出して審査を受けます。

審査を通過しますと、増額が行われ、増えた限度額まで融資を利用することが可能になります。

使用用途は制限されていませんので、自由に使うことが出来ますが、返済期日までに金利と共に返済を行なう必要がありますので、計画的に融資・返済を行っていく必要があります。

カードローンの増額は、限度額を増やす方法として有効な手段であり、短時間で大金を借りたいという人々のニーズを満たします。計画的に使っていけば、様々な用途で有効利用することが出来るでしょう。