カードローン審査が甘い銀行をその方針や活動から判断できるか

私は随分前に消費者金融を利用したことがありますが、今度は安心感のある銀行カードローンを利用しようかと思い審査の甘いところを探しています。

審査の甘い銀行の情報はネット上で見られますが、具体的な評価方法などが示されておらず、どれを信用してよいかわかりません。

客観的なデータに基づいて判断することは難しいでしょうが、方針や活動などから判断できないでしょうか。

方針や活動から審査の甘さを想定することは不可能ではありません

どの銀行のカードローンの審査が甘いかを客観的に判断するには、比較可能なデータを収集したり大規模なアンケートなどを行ったりする必要があり現実的には困難です。

また、そうしたデータもネット上では見られません。

しかし、銀行がローンの利用対象者を広げる、活発な広告活動を行う、魅力的なサービキャンペーンを行う、などの方針や活動から甘さをある程度想定できるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいとよくいわれるので、申込み者としてはその信憑性の程度に関わらず審査の甘い銀行を探したくなります。

その甘い銀行を探すために多くの申込者はネット上から情報を収集するのですが、その甘いとする根拠やランキングの内容が曖昧であったり、感覚的であったりすることが多くどれを信頼してよいか困ることが多いのです。

審査の甘さを客観的に判断するためには、条件を合わせてデータを取ったりアンケートを取ったりして比較しないと判断できませんが、そのような膨大な調査は実施されていません。

現実に存在する評価は、ネット上での口コミ、特定事業者のアンケート調査や元業界関係者の意見などによるものですが、それが一定の事実としてもデータ数が少なく全体の状態を捉えるにはやはり弱いといわざるを得ません。

しかし、それでも一定の事実として捉えれば少しでも参考になり、それに加えて他の評価方法も足していけば判定の精度を向上させられるのではないでしょうか。

そして、その評価方法の一つが事業者の方針や活動内容から審査の甘さを想定する方法です。

例えば、利用対象者の範囲です。収入の少ない或いはない主婦や高齢者を利用対象者に加えることはそれだけリスクを多く負担することになります。

つまり、利用者を増やす方向でありそのことは審査を甘くしていくという方向として見ることができます。

また、活発な広告活動を展開している場合も同様に考えることがでます。テレビやネットなどで多くの広告媒体を利用してPRを活発に行っている銀行があります。

メガバンクなどでは全国ネットで、地方銀行ではローカルネットでコマーシャルを流しているところも少なくありません。

相当な費用をかけてまで利用者を増加させたいわけですので、審査を必要以上に厳しくすることができないはずです。実際にそうした銀行の甘さを評価する口コミ情報も多く見かけられます。

さらに、PR活動に加えて独自のサービス強化も判断の一つになります。

例えば、無利息サービスです。これは一定期間だけ利息をゼロにするサービスですが、銀行側にとってはコストやリスクが発生するものです。

このサービスは初回契約者を対象とした利用者獲得のための方策であり、その銀行の利用者拡大意欲の表れとして見ることもできるので審査の方向も甘めであることが予想されます。

これらの方法もやや感覚的なものであることは否定できませんが、他の評価データや口コミ情報などを合わせていけば審査の甘さの判定も精度を増すことができるのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンで上限金額がわからない場合

カードローン審査が甘い銀行は楽天銀行がおすすめです

お金の融資が受けられるサービスとして、多くの金融業者がカードローンのサービスを行っています。

カードローンは利便性が高くなっていますので、自宅や職場に居ながらインターネット上で借り入れの申し込みをすることも可能な金融業者が増えています。

数ある金融業者の中から融資先を決めるときには、審査の難易度について気になる人も多いでしょう。

金融業者のカードローンを使ってお金を借り入れるためには、審査に通過する必要があります。

少しでも借り入れしやすくするためにはカードローン審査が甘い銀行を選ぶことで、融資が受けやすくなります。

カードローン審査が甘い銀行として人気あがるものに、楽天銀行スーパーローンが挙げられます。

楽天銀行スーパーローンは収入のない学生や専業主婦であっても融資が受けられるサービスとして、高い人気を誇っています。

銀行系のカードローンになりますので、年収3分の1までしか借り入れができない法律上のルールである総量規制の適用を受けません。

ですので、すでに他の金融業者から融資を受けている場合であっても、年収3分の1以上の融資金額になっても借り入れることが可能です。

楽天銀行スーパーローンの借り入れ条件は、職業の形態を問いませんのでアルバイトやパートの人も申し込みができます。

年齢の条件は満20歳以上から60歳までの人が、融資を受けることが可能な条件になっています。(こちらもご参考に→70歳以上になるとカードローン使えない?

楽天銀行スーパーローンはインターネット上で借り入れの申し込みや契約の手続きを行いますので、ネットに繋げる環境のある人であれば利用可能なサービスで、24時間いつでも借り入れの申し込みができます。

必要な書類についてもスマートフォンのカメラで写真を撮ったデータを、アプリにアップロードすることで提出することが可能です。

利用限度額が200万円以下であれば、給与証明書などの収入証明書の提出が不要ですので、審査の甘いカードローンの銀行として有名です。