就職したばかりですが銀行カードローンは使えますでしょうか…

僕は先月就職したての新社会人なのですが、こんな僕でも銀行カードローンって使えますでしょうか?

カードローンの申し込みをしたいと思っているんですけど、友人に聞いた話によると、銀行が運営しているカードローンのほうが、金利が低くてよいとのことでした…。

もし、このような状況の僕でも利用できるような銀行カードローンがありましたら、教えていただけませんでしょうか?

新社会人は銀行カードローン審査は落とされる可能性が高いです

なるほど、銀行カードローンの申し込みをしたいのか。確かに、カードローンは銀行が運営しているもののほうが、金利が低く、メリットが多い。

ただしじゃ、その分銀行カードローンの審査は厳しくなっておる。

安定した収入が求められる。中には、一年から二年ほど、安定した収入が求められる場合もある。

したがって、審査を受ける場合には、落とされてしまうことを覚悟して望むべきであろう。

駄目でもともとという覚悟でなければ、ショックを受けてしまうかもしれん。

しかし案ずることはない、その会社でしばらく働いていれば、いつか審査に通る時がくるはずじゃ。

それまでのつなぎというのはなんじゃが、他のカードローンを利用するのもひとつの手じゃろう。

比較的審査が甘いのは、消費者金融カードローンに多い。こちらであれば、今の状況でも通るところは見つかるかもしれん。

就職をする前に、アルバイトなどで少しでも収入があったようであればなおよい。

もし、審査に通る可能性があるかどうかを調べたいのであれば、事前に確認する方法もあるぞ。ものすごく簡単じゃ。

気になるカードローンのホームページに行けば良い。そして、その中に「○秒診断!」とか「スピード審査」とかいうものがあると思う。

もちろんそういったものがない会社もあるが、大手消費者金融であれば、たいてい設置してあるぞ。

それを利用すれば、審査に通るかどうかを簡単にチェックすることができるのじゃ。

これならば何度受けたとしても信用情報に傷がつくことがないから、安心してチャレンジしてよいぞ。

余談じゃが、カードローンの審査は、複数同時に受けることはタブーとなっている。

それだけで信用に傷がつき、どこのカードローンの審査にも通らなくなる可能性があるのじゃ。

いわゆる、「申し込みブラック」と呼ばれるものじゃな。受けるカード会社を決めたら、審査を受けるのは一社ずつのしておこう。

意外とこれを知らないで審査に落とされてしまう人がおるので、気を付けよう。

そこでカードローンを利用していった経歴は、そのまま信用情報へと繋がる。たくさん利用して、きちんと返済していったという経歴があれば、それはその人の信用となるのじゃ。

もちろん、延滞などのマイナス情報が記載されていては困るが、優良な経歴は、その分プラスに働くのじゃ。

銀行カードローンの審査でも、それらが考慮されることもある。諦めずに、前向きに利用していこう。

【参考ページはこちら】
カードローン審査の受かり方を教えて!

就職したら銀行のカードローンを活用して自己研鑽に励みましょう

社会人のキャリアパスが注目されています。

終身雇用制度が完全に崩壊したために、これからの社会人は自らのキャリアを自らの力で開拓していくことが求められるようになりました。

年功序列的に一つの会社で定年を迎えることは非常に困難なのです。

就職活動にも変化が生まれています。超氷河期と言われた時代も終わり、景気の好循環を受け徐々に売り手市場へと変化しているのです。

売り手市場では就職することは容易です。しかし、その後のキャリア競争は過去にない程熾烈を極めているのです。

どこで働くかよりも、どこで役に立てるかが問われる時代といえるでしょう。

そんな時代においては自己研鑽がより求められます。セミナーや勉強会に参加する、書籍を購入する、通信講座で資格を取得するなど、自己研鑽の方法は数多く存在します。

そこにどれだけ自己投資を行えるかが問われているのです。

自己投資とは、時間だけでなく、文字通り自己資金を投入する必要があります。

決して安い金額のものばかりではありませんが、株式や証券と同様に、投資で成功を収めるためには、ハイリスクハイリターンが鉄則と言えます。

就職したての若年層にはそのような自己投資の資本金を用意するのはなかなか難しい問題です。

そんな時に活用したいのが、銀行などの大手金融機関が提供しているカードローンです。

カードローンは融資までの時間を短く設定することができ、誰もが手軽に活用することが可能な金融商品です。

カードローンに対してネガティブな印象をお持ちの方も少なくありません。

一昔前は闇金融やサラ金などと混同されていたため、活用を検討することは困難だったのです。(こちらもご参考に→カードローンの違いに関するおすすめQ&A

しかし、実際のカードローンは厳しいコンプライアンスに守られている安心安全な金融商品です。

返済期間を自分の計画で立てられますし、少額からの融資も可能ですので、安心して活用しましょう。銀行が提供していることも安心材料です。

就職後の自己投資に積極的にカードローンを活用しましょう。