カードローンの利用上限額を引き上げる方法ってどうやるの?

僕は、最近カードローンの契約をしてみたのですが、はじめに希望した上限額よりも低くなって審査結果が返ってきました。

落とされなかっただけでも幸運と見るべきなのかもしれませんが、これだとちょっと今後が心配です。できることでしたれば、利用上限額を引き上げたいと考えています。

その方が、借入利率も下がるみたいですし、お得でいいかなと思っています。

具体的には、利用上限額を上げる方法って、どうやればいいのでしょうか?教えていただけると幸いです。

利用上限額を引き上げるためには借りてきちんと返す事が第一です

カードローンの契約ができたのですね、おめでとうございます!でも、利用上限額が希望に達していなかったのですね…わかりました。

では、利用上限額を引き上げる方法を簡単にお伝えしましょう。

その答えはいたってシンプルです。「たくさん借りて、きちんと返すこと」これが一番なんです。なんのひねりもなく、これが最も重要なポイントになるんです。

カードローンには、「信用」というものが非常に大切なキーワードです。この信用というものは、形がなく、目に見えるものではありません。

ですから、カード会社はそれぞれ、この「信用」を測るための目安としての独自の評価方式を設定しています。

これらの信用を数値化したりして評価ができるようにしたものを「クレジットスコア」といいます。このクレジットスコアを上げるためには、カードローンの利用が必要なんですね。

その人がこれまでにどのように借り入れを行ってきたか、そして、どのように返済をしてきたかという経歴は、「クレジットヒストリー」と呼ばれ、クレジットスコアに反映されます。

収入が低くても、このクレジットヒストリーが優良であれば、スコアが上がります。

全くカードローンを利用しないでいると、評価は上がることがありません。

当然、低収入の人のクレジットスコアが、高収入の人のそれを超えるということはあり得るんですね。

このことを理解していただくと、滞納といったマイナス評価が非常に不利に働くということは、想像していただけることではないかと思います。

支払いを送れさせてしまう行為は、基本的には三回行ってしまうとアウトだと言われています。

その時点でブラックリストに載ってしまい、最悪の場合、口座を凍結されてしまう。

支払いが完了するまで、新たに借り入れができない状態になります。

たったの三回でこのような状態になってしまうわけですから、クレジットスコアに与えるマイナスが非常に大きいことがわかります。

利用上限額を上げたいと思っているのでしたら、より注意を払って返済をしていくことが大事になります。

そうしてクレジットスコアをコツコツと貯めていき、カード会社が定めているそれぞれの基準に達した段階で、上限額変更の申し込みをすると、許可が降りるということになります。

カードローン毎に基準やシステムは違うため、確認していく必要があります。

借り入れをはじめてから、上限額変更までの認定期間が明示されているものもあれば、そうでないものもあります。

また、基準に達した段階で、上限額変更可能という通知がくるものもあります。利用中のカードローンはどのようなシステムになっているのか、事前にチェックしておくといいですよ!

【参考ページはこちら】
カードローンの上限金利は限度額が高いほど高い?

カードローンの利用上限額の引き上げ方法とは

カードローンでは契約時に個々の利用者に応じた限度額が設定されます。

この利用限度額は、予め貸し出しの上限が設定されるもので、申込者の属性や様々な条件が検証され、設定されるものです。

一般的に、初回のサービス利用では、高額な限度額は設定される事が少なくなり、この利用上限額を引き上げるには、幾つかのポイントを把握しておく必要があるのです。

利用上限額の引き上げを希望する場合には、サービス利用の履歴が重要な要素になります。

この限度枠の増枠にはある程度の期間を要する事が多く、サービス利用において問題がなければ、業者側から増枠を申し出てくれることがあります。

このサービス利用の期間の目安としては、新規の契約から半年程度が一般的な基準で、この期間を越えての利用で問題が無ければ、利用限度額を増枠してもらう事が出来るのです。

これは業者から利用者としての信頼を得た事の証明にもなり、サービス利用において優良な顧客として認められた事の証明ににもなります。

この増枠の割合は、十万円程度が一般的な金額で、サービスにより異なりますが、個々の利用者の信用度に応じて段階的に限度額が向上していくことになります。

しかしながら、この利用限度額で把握しておくべきポイントとしては、金融機関により異なる上限金額があります。

特に、銀行以外の金融機関からの借入の場合は、融資の上限が年収の三分の一までと決められているので、予めこの上限金額を個々の収入に照らし合わせ算出しておく必要があるのです。
(⇒カードローンを利用できる会社を教えて

この法的な融資金額の上限の規制は、過度な融資を防止する為の処置で、返済能力を超えた過剰な貸し付けを防ぐ為には必要なものなので、カードローンのサービス利用でも、この上限金額を正確に把握しておく事が重要になるのです。

このカードローンの上限の金額を把握しておく事で、返済に関して過剰な負担を負うこともなくなり、カードローンがより利用しやすいサービスとなります。